<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

政党交付金は廃止!!

 民主党が企業献金を再開するそうだ。マニフェストでも、管首相の所信表明演説でも企業献金は止めるとしていたのではなかったのか?
 舌の根が乾かぬうちにこのようなことを決めるとは、いよいよ民主党もボロを出したというか、既にボロは続々と出ていたから、企業献金に及ぶのも時間の問題だったのだろうか。
 しかしである。民主党は平成22年度には政党交付金を172億9700万円受け取ることになっている。平成20年度にも118億3270万円余りも受け取っていたのだ。それでも民主党の金庫はカラに近い状態だそうだ。『背に腹は代えられぬ』とばかりに企業献金を解禁したのだろう。企業献金を受取るなら、政党交付金は廃止すべきではないだろうか。財政危機になり予算を軒並み削減し、増税もして、更に社会保険料も増やしているのに、政党交付金は聖域とばかりに手付かずである。
 国会議員のセンセイ達は、既存政党から飛び出して新党を結成する際にも、政党助成金を受け取れるように5人集めることをやっている。政治理念が違っていても、政党交付金を受取るために手を組んでいる。呆れるばかりである。
 野火止用水はかけソバを啜りながら日日悶悶としている。
by yousui-nobidome | 2010-10-29 22:44 | 日日悶悶

痛勤電車

 私は現役サラリーマンである。だから、毎日毎日電車で通勤している。
 で、通勤電車で困ったことがある。改札口への通路や、ホームへの階段で、我先にと他人を突き飛ばして走っていく奴が多いことである。
「そんなに急いでも乗る電車は同じだろ~」
「そんなに急ぐなら、あと10分早く起きろよ」と思う。電車が来ても、我先にと割り込んで乗ってくる奴がいる。で、電車に乗ったら奥へ詰めると思いきや、ドアー脇に陣取り、後から乗る人の邪魔をしている。電車が駅に着くと、当然降りる人と乗ってくる人がいる。それでも我関せずとばかりに動かないでいる。
 私が乗り換える駅では、階段(エスカレーター)へ我先にと殺到して、押し合いへし合いになる。
「そんなに急いでも乗る電車はまだ来ていないだろ~」
「そんなに急ぐなら、あと10分早く起きろよ」と同じことの繰り返しになってしまう。
 そうかと思うと、逆の奴もいる。ケータイやゲーム機片手に操作しながらグズグズ歩く奴もいるし、マンガを見ながら歩く奴もいる。
「何やってんだよ、歩きながらやるなよ」と思ってしまう。
 昔、私がサラリーマンになった時は、電車の中で新聞をガバーっと開いて読んでいる奴がいて、閉口したことがある。自分はそうはなるまいと思って、新聞は出勤前に家で一通り目を通し、電車の中ではラジオのニュース番組を聞くようにした。その時から現在に至るまで、
「日本人のマナーの悪さは変わっていないな」と、痛勤電車の中で日日悶悶としている。
by yousui-nobidome | 2010-10-22 22:42 | 日日悶悶

高齢者のみっともない

 私が住む清瀬市は高齢者が多い。休みの日などに駅前へ行くと、高齢者がゴロゴロいる。皆さん元気で暮らしているようで、それはそれで結構なことである。しかし、その行状は困ったものである。
 駅の通路や道路にたむろして、交通の障害になっているのだ。ただ歩いているだけでもノロノロ、グズグズしていて困った存在なのだが、そこは高齢者だから若い世代に比べて早く歩けないのはしょうが無いし、道路を歩くのは万人に認められた権利であるからとやかく言うつもりはない。私が言いたいのは、通路や道路の真ん中で、他人の迷惑も顧みずに話し込んでいることである。また、ベンチを長時間占拠して、大勢で集まって話し込んでいることである。こういう場所は、待ち合わせの際にチョッと座ったり、買い物の際に短時間休憩する場所である。そこに屯している高齢者は、明らかにその場所を目的に集まっているのだろう。
 また、喫茶店(ドトール)に入ると、ここにも高齢者がいるが、コーヒー1杯で長時間席を占拠している。しかも、食べ物を持ち込んで、コーヒーで流し込んでいる。私が帰宅途中に、
「チョッと休憩を」と思って入店しても、座る席が無くて、
「いらっしゃいませ~」という店員の声に背を向けて、
「座る場所が無いから帰ります」ということもしばしばである。
 図書館に入れば、高齢者が席を占領している。読書しているのならいいが、眠っている人もいる。真夏や冬になると、外だと暑さ寒さを凌げないのでドッと増える。受験シーズン前になると受験生が勉強に来ているが、席の取り合いでひと悶着を起こしている。同席した高齢者が喧しいと喧嘩沙汰になることもある。
 清瀬市は財政弱体自治体ではあるが、高齢者に回す予算は驚くほど多い。高齢者施設も結構あるが、施設に入る前の元気な高齢者は行くところが無いのだろうか。
 不肖、野火止用水は
「オレは、こんな高齢者にはならないゾ」と、日日悶悶としている。
by yousui-nobidome | 2010-10-15 22:38 | 日日悶悶

体育の日

 今日は「体育の日はかくあるべし」というような天気であった。昨日、一昨日の暗い日ではなく、スカーッと天まで抜けたような天気だった。こんな日に家の中に居るのは馬鹿みたいなので、久しぶりにカメラを担いでブラブラした。何年かぶりでEF400㎜F5.6Lを持ち出してみた。20年くらい前に買って、EOS-RT、EOS-630やEOS-5のフィルム機で使っていたレンズを、最新式(EOS-60Dが出た今は最新式とは言えないかもしれないが)のEOS-7Dで使えるというのは嬉しい限りである。
 ところで、400㎜を使ってみると、以外にも大きく写ることに驚いた。まあ、以前は35㎜判で使っていて、今はAPS-Cであるから、1.6倍になるのは分かっていたが、その効果がこれほどまであるとは意外だった。まあ、150-500㎜ズームや300㎜+1.4倍テレコンで420㎜は経験していたのだが、これらのレンズはデジタルになってから買ったレンズで、35㎜判で使ったことが無かったのでそう感じたのかもしれない。
by yousui-nobidome | 2010-10-11 22:36 | 日記