<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

キャノンユーザーの憂鬱Ⅲ

 このページの写真はEOS50Dで撮りました。
a0006530_16161259.jpg

a0006530_16163765.jpg <待ちに待った『デジタルフォト』誌10月号が発売になった。EOS7Dの詳細な紹介記事が載っているだろうと期待していたのだが、果たして載っていた。既にカタログを見ていたので概要は分かっていたが、改めてプロカメラマンによる試写と、他機種(EOS5D MarkⅡ、EOS50D)との比較を見たかったのである。
 比較写真を見た限りでは、他の2機種と劇的な変化があるようには見
a0006530_16165264.jpgえない。しかし、私のように昆虫、それも飛び回る蝶を狙うものにとってはスピードが命である。AIサーボAFⅡやAF測距19点、測距点自動選択などは、より正確なピントで被写体を捉えるためには心強く思う。出来上がった写真が基本的なポイントを抑えて出来上げっているかが高級機か否かを分かれさせるのではないだろうか。そのためには余り目立たない部分もしっかりと作りこんでいて欲しい。
 
a0006530_1617828.jpgところで、スペック表を見ていて気がついたのだが、シャッタータイムラグが記されていない。とても大事なスペックだと思うのだが、どうなっているのだろうか。
 で、今まで見てきた限りでは、EOS7Dは、迷わず『買い』であるのだが、素直に買うことには障害がある。今持っているEOS50D以前の機種との共存である。今まで、初代EOS Kiss DEGITALに始まり20D、30D、40D、50Dと買ってきて、全部現役
a0006530_16244848.jpgである。まあ、初代EOS Kiss DEGITALと20Dは隠居であるが、これらのバッテリー(BP511A)は共用してきた。EOS7Dは当然のことながらEOS5DMarkⅡと共用のLP-E6で、前者との互換性は無い。私は縦位置撮影も良く行うのでバッテリーグリップを常に使用してきた。バッテリーは2本必要であり、予備も必ず携帯しているので、EOS7Dと既存の機種の2台体制で撮影に出ると、カメラに装着したバッテリーのほかに、4本
a0006530_16283466.jpgのバッテリーも携行しなければならず、その重量負担が老境の身には辛いものとなるだろう。財布にも辛いものになる。バッテリーグリップを含め約50,000円の出費増になる。ウ~ン、悩ましい。
a0006530_16172888.jpg

by yousui-nobidome | 2009-09-20 16:14 | カメラ

キャノンユーザーの憂鬱Ⅱ

a0006530_17412852.jpg

a0006530_17415111.jpg今日の朝刊を見ていると、キャノンが新しいデジタル一眼レフカメラを発売するというのニュースに目に止まった。
『EOS7D』という名前で10月上旬に発売されるようである。細かいスペックは分からないので、想像するしかないが、フルサイズ機で、EOS5DMarkⅡの下位機種ではなかろうかとおもった。
 仕事の帰り道、ビックカメラに寄
a0006530_1742786.jpgってみると、EOS7Dのカタログが積んであったので、
 「シメシメ」と1冊もらって帰ってきた。電車の中で開いて見ると、フルサイズ機ではなくAPS-C機で、どうやらEOS50Dの上位機種らしい。
 家に帰ってよくよく見てみるとEOS50Dの上位機種で、『キャノンユーザーの憂鬱』で要望を書いたが、ほぼそれに近いスペックであった。視野率100%、倍率1.00倍のファインダー。AF即距点は19点全クロス測距になり、防塵防滴性能もEOS50Dより向上したようである。AIサーボAFも「Ⅱ」になりより精巧なピントが合わせられるようになったようである。そして何よりも驚いたのが、撮像素子の有効画素数が1800万画素になったことである。EOS50Dの1510万画素が限界だと思っていたのだが、2割増になってしまった。また、想像していたとおり動画機能も搭載されていた。私は余り興味はないが・・・。
 発売予価は188,000円となっていたので、決して手の届かない値段ではない。ウ~ン欲しい!!
by yousui-nobidome | 2009-09-01 20:39 | カメラ