<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

その他の蝶

a0006530_1028733.jpg その他にもいろんな蝶がいました。その他にもなどと書くと、これらの蝶さんたちには失礼ですね。翅が擦り切れても、頑張って飛び回って楽しませてくれているのですから。

 次回行った時には、今回会えなかったカバタテハ君やタテハモドキ君にも会いたいと思っています。
a0006530_10284926.jpg

a0006530_1029924.jpg

a0006530_10292922.jpg

a0006530_10294712.jpg

a0006530_1030697.jpg

a0006530_10303038.jpg

a0006530_10305592.jpg

a0006530_10311351.jpg

a0006530_10313133.jpg

今回は5部構成になっています。次のページ>をクリックしてみてください。
by yousui-nobidome | 2007-11-25 10:35 | 昆虫

アゲハ類

a0006530_825183.jpg

a0006530_8253635.jpg アゲハ類もかなり目に付きました。
 翅が痛んでいる個体が多いようです。11月上旬にうまれたのでしょう、来る時期が遅かったようです。
a0006530_8262864.jpg

a0006530_8265071.jpg アゲハは春から秋にかけて、野外でも目にしますが、さすがにこの時期には目にしません。うまれたばかりのきれいな個体がいましたが、なかなかカメラで捉えることができませんでした。
a0006530_8272018.jpg
a0006530_8281584.jpg アオスジアゲハは、私にとっては夏の風物詩です。商店の豆腐の桶から流れ出た水に大群が群れていました。
 今の子供たちにはこのような出会いは無いようで、
 「ウワ~、このチョウ、スッゲーきれいだ」と歓声を上げていました。初めて見たような印象でした。
a0006530_828413.jpg
a0006530_8291793.jpg
a0006530_8334338.jpg

a0006530_8305953.jpg ベニモンアゲハは馴染みの無いチョウです。私が育った静岡県にはいませんでした。もっと温暖な地域にいたようです。
 ここの温室で実物に初めてお目にかかることができました。
a0006530_8313922.jpg カラスアゲハは藪の中に潜っていて、なかなか良いアングルで捉えられませんでした。次回のお楽しみです。
a0006530_8322537.jpg
by yousui-nobidome | 2007-11-25 08:52 | 昆虫

アオタテハモドキ

a0006530_954175.jpg

a0006530_96320.jpg 今回は、私の好きなアオタテハモドキ君にも会えました。この蝶はなかなか上手く撮ることができません。満足のいく写真が取れたためしがありません。今回も十数枚撮ったのですが、満足のいく写真はありませんでした。
 何故なのでしょうか?
 シャッターを切ったときには、
 「よしっ!!」と、手応えがあるのですが、家に帰ってパソコンのモニター
a0006530_97843.jpgを見ると満足のいくというか、納得のいく画像はありません。

 何回も見ることのできる蝶ではないので、見れるうちに何とかと思うのですが駄目です。

 まあ、そんなに簡単に取れてしまうと、それでお仕舞いですから、それで良いのかもしれません。テーマとして残るから、これからも写真撮影を
a0006530_973353.jpg続けていけるのでしょう。
a0006530_975434.jpg
a0006530_981236.jpg

by yousui-nobidome | 2007-11-24 09:22 | 昆虫

スジグロカバマダラ

a0006530_17431289.jpg

a0006530_17434811.jpg 温室に入るといきなりスジグロカバマダラ君が視野に入りました。レンズの曇りを拭き取るのですが、すぐに曇ってしまいます。これからの季節は、外気温と温室内の気温差が大きくなるので、なかなかすぐには撮影できません。
 予め使い捨てカイロ等でカメラやレンズを温めておけば良いようですが、まあ暫くしてカメラやレンズが室内の温度になれば支障はないの
a0006530_17442498.jpgで、私は特に何もしていません。待っても蝶が逃げてしまう心配はありませんから。

 スジグロカバマダラは日本では南西諸島(宮古諸島以南)でしか見られない蝶です。それが、11月下旬の多摩で見ることができるのは地球温暖化のおかげ、ではなくて、ここ多摩動物公園の温室のなせる業です。
a0006530_17445750.jpg 私も広大な土地を手に入れて、大きな温室を作り南方の蝶を繁殖させたいと思います。でも、個人の力では無理でしょう。ここ多摩動物公園でも大勢のスタッフが働いています。
 ならば、定年退職したら南方で1年間くらい暮らしてみるのも良いなと思っています。

 これで定年退職後に短期移住する場所が1箇所増えました(笑)。
a0006530_17463065.jpg
by yousui-nobidome | 2007-11-23 18:05 | 昆虫

多摩動物公園昆虫館大温室

 今日(11月23日)は勤労感謝の日です。私の日頃の勤労に感謝してか、朝から良い天気です。で、久しぶりに多摩動物公園の昆虫館の大温室へ行ってきました。温室内は夏を思わせる日差しでしたが、夏ほどの湿気は感じられず快適でした。でも、結構汗だくになってしまいました。
 先日手に入れたEF-S10-22mmの10mm側で温室内をパチリ。
 人間の大きさと比較してみてください。その広さがわかると思います。
a0006530_17162735.jpg

a0006530_17171224.jpg

a0006530_17173443.jpg

by yousui-nobidome | 2007-11-23 17:24 | 昆虫

平林寺

 新たに手に入れたEF-S10-22mm F3.5-4.5 USMの試し撮りに、自宅近くの平林寺へ行った。この寺を撮るためにEF28mmF1.8 USMを買ったのは、もう10年前になってしまった。月日のたつのは速いものだ。デジタル一眼レフ(APS-C)を使う今となっては、28mmといえども標準レンズになってしまった。

a0006530_9542171.jpg
 平林寺近くの料理屋の門を撮った。すぐ前は道路なので、距離をとることができない。以前なら道路の反対側へ渡って撮ったところだが、さすが10mmである。

a0006530_955484.jpg
 平林寺に着くと、結構な人が集まっており混雑していた。中高年の人が多い。別に信仰心が厚いわけではないようだ。都内でもこのような人たちをよく目にする。ブームなのだろう。三脚にカメラをつけて撮影している人もかなり多い。こちらも中高年のカメラブームに乗った人たちなのだろう。邪魔でしょうがない。

a0006530_9552697.jpg

a0006530_9555044.jpg
 今回はズームレンズではあるが、敢えて10mm固定で撮影した。超広角は難しいとは聞いていたが、これほどとは思わなかった。とにかく、被写体に「これでもか」と近づいても、まだまだ寄りが足りないことが多かった。マクロ撮影のときは寄りすぎて失敗することが多いが、こちらはまったく逆である。また、画角が広いため、思わぬところで太陽がレンズに入ってしまうことも多かった。駄作のオンパレードになってしまった。

a0006530_9561871.jpg

a0006530_9563724.jpg

a0006530_959599.jpg
 今回は駄作のオンパレードになってしまったが、それなりの覚悟を持てば使い甲斐のあるレンズだと思った。
by yousui-nobidome | 2007-11-20 10:22 | カメラ

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

a0006530_16495755.jpg

a0006530_16501665.jpg

 先週の日曜日(11月11日)は天気が良くなかったので、写真撮影は諦めてレンズを買いに出かけた。お目当てはCanonのEF-S10-22mm F3.5-4.5である。私が今までに使ったレンズの広角側の最短は28mmである。MFフィルムカメラの時も、AFフィルムカメラに変わってからも28mmが最短だった。そしてディジタルになってからもEF-S18-55mm F3.5-5.6 USMを使っているので、見かけ上の最短は28.8mmである。理由は、写真を始めたときに「超広角レンズは難しい」と本に書いてあったからである。それに加えて「日本の風景は35mm的で、28mmでも短すぎる」と、ある高名なカメラマンが本に書いてあるのを読んだからである。
 しかし私も写真を始めて36年がたった。
 「そろそろ超広角に挑戦してみるのもいいか。」と思い、清水の舞台から飛び降りてしまった。

 今日(11月18日)に試写に出かけた。
 近所の畑で10mmと22mmを比較撮影してみた。上が10mmで下が22mmである。12mmの差しかないが、かなり画角が違うことが分かる。これは大変なモノを買ってしまったと思ったが、使いこなすことができれば結構なことである。これからしばらくの間は、このレンズと格闘することになると思うと、武者震いがしてくる。どんな被写体が、このレンズにあうのだろうか。
by yousui-nobidome | 2007-11-18 17:20 | カメラ

いじめ 【心の中に雨が降る】

a0006530_15355860.jpg

 このところ、休日がよい天気ということが少ないようです。今日もあまり天気がよくありませんでした。平日も雨模様だったので、我が家のウッドデッキの手すりのプランターにキノコが生えてしまいました。どうせなら、マツタケやマイタケならいいのにと思っても、そんな環境ではありません。
 我が家の娘のうつも、一向に快方に向かいません。悪いことに、先日いじめの相手が我が家へ来て、
 「会いたい」と言いましたが、娘は、
 「会いたくない」と、拒否したのです。それから、徐々に快方に向かっていた娘の状態が、もとの状況に(悪化)なってしまいました。いじめの相手が来たことで、いじめを思い出してしまったようです。
 心療内科に連れて行こうとしても、娘は
 「行かない」と言って、腰を上げようとしません。以前相談した、市のカウンセラーの話では、余り行動を強要してはいけないということだったので、気が向くのを気長に待つことしかできません。これでは私たちの方もうつになってしまいそうです。

 外の天気だけではなく、私の心の中にも雨が降っています。スカッとした、秋晴れの日はいつ来るのでしょうか。
by yousui-nobidome | 2007-11-11 15:35 | いじめ