<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いじめⅡ

いじめた生徒は出席停止に
a0006530_2281217.jpg
 教育再生会議(野依良治座長)は、いじめ問題に対して、都道府県や市町村の教育委員会へ、(1)いじめた児童・生徒に出席停止など厳しい対応を取る〈2〉深刻ないじめ問題が起きた場合に備え、緊急に学校を支援する態勢をつくるする緊急提言を行う方針を固めたそうである。
 私もこれには賛成であるが、これだけでいじめがなくなるとは思ってはいない。暴力によるもの、あるいは金銭強要(所謂『かつあげ」)などの、その行為が犯罪要件を満たし、刑法で対応できるいじめについては、ある程度は有効であるだろう。だが、これだと犯罪者(未成年者なので『犯罪者予備軍」か?)を野放しにすることにならないだろうかと言う懸念がある。出席停止処分を受けた児童・生徒による報復的な、更なるいじめがおきる可能性もあるだろう。
 また、出席停止処分を受けた児童・生徒は誰が指導するのだろうか?
 義務教育中の児童・生徒は学校が指導をしなければいけないのではないだろうか。学校に来ないのだから、指導する必要は無いと考えてはいけないと思うのである。
 私はいじめを行う子どもにはいじめる理由があると思っている。その理由はその児童・生徒の家庭というか親にあると思っているので、その家庭環境や親を何とかしない限り、いじめは永遠に続いていくと思うのである。いじめ問題の解決は、単なる教育問題ではないので、最初から教育委員会や学校側の対応だけでは無理なのである。
 だから、この場合のいじめ(刑法犯に該当する場合)については、いじめを行った児童・生徒の両親についても『保護監督者責任遺棄』として、刑法を適用して身体罰を適用すればいいと思うのである。今までは民法上の損害賠償でしか罪を問えなかった。損害賠償は金銭を払うことになるので、それなりの資力が無ければ意味が無いが、身体罰であれば、懲役なり禁固刑を言い渡せるので効果はあるだろう。

 私が思っているいじめ問題は上記のことではないのである(私の話がいきなり横道にそれてしまったようだ)。
 いじめ問題の本質は物言わぬ児童・生徒に原因があるのである。いじめは特定の児童・生徒が、特定の児童・生徒に対して行うものと思われがちであるが、そうではないのではないだろうか。クラスの誰かがいじめにあっていることは、クラスの誰もが知っていることだと思う。でも、誰もそれを止めようとはせず、見て見ぬ振りをしているのである。
 「下手に注意すれば、今度は自分がいじめにあってしまう。」と考えてのことなのであれば、まだましであるが、
 「いい気味だ!! もっといじめられればいいんだ。」と思っている奴だっているに違いない。なかには、いじめにあうように、陰で仕向ける奴もいる。親に、
 「誰々が、誰々たちのいじめにあってるよ。」と言っても、
 「お前がとばっちりを食うといけないから、知らん顔をしていなさい。」と言う親もいるようだ。
 クラスメートがこういう具合だから、いじめをする児童・生徒は益々増長してしまうのである。いじめをする児童・生徒は、たぶん少数派だと思う。クラス全員で向かっていけば何とかなるのであるが、そうはいかない。それは、少数派の暴力団をどうにも出来ない大人の社会にもいえることである。
 学校のクラス内のいじめについて、何も出来ないままに児童・生徒を放置しているから、彼らが社会に出ても同じことしかしない(できな)のである。だから、教育委員会や学校側は、出席停止処分云々を言い出す前に、先生が児童・生徒の先頭に立っていじめを追放する事をしなければいけないと思うのである。
 
 担任は自分のクラスでいじめがあると、「私のクラス運営の落ち度」だと考えてしまい、自分の教師としての評価が下がってしまうと考え、いじめがあることを隠そうとしている。校長や教頭もそう判断するだろうし、担任と同様に、校長や教頭も私の学校でいじめがあると、「私の学校運営の落ち度」であり、評価が落ちてしまうと考えるだろう。教育委員会も同じだろう。でも、そんな考えは捨ててしまった方がいいのだろう。児童・生徒は何かをやるだろうという認識に立って、どう対処したかを評価すべきではないだろうか。
常に自分の損得でしか考えないし、行動もしない。いじめ問題が騒がれていても真剣に対応しない。自分の学校の生徒が、いじめを苦にして自殺したかもしれないのに、給食が腐ってしまうと言って休校にしなかったり、何を考えているのか分からない。もっと真剣に取り組んでいかなければ、学校が荒廃するだけでなく、その先の社会も荒廃して殺伐とした社会になってしまうのではないだろうか?
by yousui-nobidome | 2006-11-26 23:30 | 日本を考える

バクの夢Ⅱ

 最近、バクにはまっています。
 決して人気ランキングの上位にはこない、地味~いな動物です。
 鳴き声が可愛いとか、仕草が可愛い、愛嬌があるなんてとても言えません。見ていると、
 「何考えてるの。」と言ってしまうような動物です。
 でも、そこが哲学的で、思わず引きつけられてしまいます。
a0006530_201073.jpg

a0006530_202924.jpg

a0006530_205027.jpg
 私と、『似たもの同士』と、言われてしまいかねません。
by yousui-nobidome | 2006-11-26 02:07 | 日常生活

多摩動物公園

a0006530_722105.jpg

a0006530_7225933.jpg 飛石連休の谷間の昨日(11月24日)、思い切って有給休暇をもらって多摩動物公園(TAMA ZOO)へ出かけました。
 年間パスポートを買ってから13回目の訪問になりました。
 愛子様はお出でになられていませんでしたので、とても空いていました。
a0006530_7223320.jpg 園内の木々も、紅葉し始めといった状況で、特にかえでの紅葉が見事でした。
 今年1月から通い始めましたので、ほぼ1年が過ぎたことになります。撮ってきた写真を眺めていると、1年間の季節の移ろいが感じられます。
a0006530_7232080.jpg 今はまだ静かですが、まもなく水鳥の池にはカモなどの渡り鳥がやって来て賑やかになるはずです。
a0006530_7234742.jpg 昆虫園の温室の中は、オオゴマダラが目立ちましたが、他のチョウは翅もボロボロになっていて寂しい限りです。いくら温室の中といっても、時期的に難しいのかもしれません。チョウにもライフサイクルがありますし。
 今年を振り返ってみると、チョウのライフサイクルと合わない時期に訪問していたようで、生まれたばかりの綺麗なチョウには余りあえなかったように感じます。

a0006530_7242882.jpg 来年は今年の訪問サイクルを踏まえて、生まれたばかりの綺麗なチョウにあえるようにしたいな、と思っております。
by yousui-nobidome | 2006-11-25 07:38 | 日常生活

バクの夢

a0006530_813121.jpg

a0006530_815232.jpg

a0006530_82961.jpg マレーバクが気持ち良さそうに昼寝をしていました。
 夢を食べるというバクですが、バクの見た夢は、誰が食べるのかな?
by yousui-nobidome | 2006-11-23 08:04 | 日常生活

内視鏡

a0006530_1055690.jpg 先日、めまいがしたので病院へ行きました。昨日はその後の血圧測定結果と人間ドックの成績表を持って行きました。
 血圧はまだ高値安定なので、薬を処方していただきましたが、人間ドックの成績表から糖尿病、胃のポリープと脂肪肝の検査を受けることになってしまいました。
 一つは脂肪肝ということで超音波による検査。もう一つは胃にポリープができているということで、胃カメラを飲むことになりました。
 超音波の方は、スキャナーを腹に当てるだけで、人間ドックで何回も経験済みですから何ともありません。しかし、胃カメラは初めての体験です。
 「胃カメラを飲むのは苦しい。」とか、
 「オエッとくるのを我慢するのは苦しくて大変。」という話を聞いていたので、少々緊張しました。
 私の行った病院は町医者で親子でやっている病院です。私は息子の方にかかっているのですが、物柔らかな感じで、如何にもボンボンといった感じです(サンダー先生よりちょっと上の年代?)。以前は大病院の勤務医で、消化器系が専門とか・・・・・。そのため、いつもは風邪をひいた子どもや老人を診ているだけらしく、
 「久しぶりに大物がかかったゾ。」と大張り切りの様子です。
 この先生が使うのは、最近流行っている『鼻から入れる胃カメラ』というヤツです。尻から入れる大腸内視鏡を体験した私には、
 「口から入れるのより楽ですよ~。」と言われても、
 「あんなの鼻から入れられたらタマラン!!」

 最初に右の鼻から入れようとしたのですが、なかなか痛いだけで入ってくれません。で、左の鼻から入れることになりました。何と、今回は成功です。異物がス~ッと喉を降りて行き、何回か、
 「ゴックン、ゴックン。」すると、食道に入ったようです。で、一気に胃に到達。そのまま十二指腸まで行きました。
 その間、ズ~ッつと、モニターを見ていたのですが、まず、鼻毛の多さに驚きました。次に、自分の胃の綺麗なことに驚きました。日頃から酒びたりの生活、加えて神経質で仕事でも神経を使っているのに、その綺麗さに驚きました。この先生にも、
 「襞がしっかりしていて若いですね~。」と褒められました。
 結局、ポリープは見つからず、メデタシメデタシでした。

 脂肪肝の方も傑作でした。
 診察室にいるのは私とこの先生の二人です。先生、やおら診察着を脱ぎだしました。
 「オイオイ、止めてくれよ~。オレはその気はないゾ~。」
 先生は、
 「脂肪肝と健康な肝臓がどう違うか比較してあげます。」と言って、自分の腹にスキャナーを当てました。
 「私の肝臓は健康なので、よく見て下さい。」と、モニターに私と先生の肝臓を写してくれました。
 「ウ~ン、何処が違うのですか?」と私。先生は、
 「そうですね~、余り違いはありませんね~。」ということになりました。

 で、胃と肝臓はオッケーとなりました。

 あと一つ、糖尿病の疑いがあります。こちたは採血をして検査に回しましたので、結果は来週ということになりました。

 医者にかかるとか検査してもらうのは、皆さん大病院や大学病院へ行きがちですが、町医者の中にも頑張っている先生がいることが分かりました。医者を育てるのは患者だと思います。だから、気軽に町医者の門を叩いてみるのもいいと思います。いろんな症状を見れば、先生の腕も上がっていくと思います。
 病気なのに、夜明け前から起きだして大病院や大学病院へ行くのは、健康のために良くないと思います。埒があかなければ医者を替えればいいことです。私は、しばらくこの先生と付き合ってみようと思いました(診察室という密室での関係以外はですが・・・・・)。


 
by yousui-nobidome | 2006-11-19 11:51 | 日常生活

いじめ

a0006530_2151271.jpg

a0006530_21512447.jpg いじめが原因で自殺する子が増えている。今まで、いじめは学校内で起きていることから、学校で起き、学校内で処理されているという、密室の中でのことのように捉えられていた。しかし、最近では、暴行を伴ういじめは刑事事件として、積極的に警察に告発し、警察も刑事事件として対処することとしたようである。
 既に愛知県では、同級生を暴行した上、手足にガムテープを巻いて転倒させるなどしたとして、傷害の疑いで同県北名古屋市立熊野中学校(大森慎円校長)の2年生男子2人が警察に逮捕されるということが起きている。
 私は、今までいじめは被害者の泣き寝入りで済まされていたようで、加害者も罪を追及されることなく済まされていたのではないかと思っていただけに、今回の措置には賛成である。
 しかしである。いじめの問題はこれで済まされていいのだろうか。
 
 いじめ問題については、いじめにあう子の性格が暗くクラスの皆と馴染めないとか、動作が遅く頭も悪いとか、障がいを持っていて皆と同じような行動が出来ないとか、もっぱらいじめられる方の問題を論じられることが多かった。しかし、いじめる子にも何らかの問題があるのではないだろうか。そして、その方が重要なのではないかと思うのである。
 実は私も中学校の頃、いじめの対象になっていた。いじめる子の家庭は、父親が呑兵衛で近所の鼻つまみ者であった。4人兄弟の上から3番目で頭は悪かった。父親は定職を持っていたようであるが、低賃金で呑兵衛ということもあり、母親が働いて家計をまかなっていたようである。それで、一見お坊ちゃま風に見えた私を妬んでいじめたようである。
 つまり、いじめる子の方に問題があるといじめに走るのではないだろうか。家庭が上手く行ってないこと、親から家庭内暴力を受けているとか相手にされていないとかの鬱憤を、弱い子をいじめることで晴らしているのではないだろうか。だから、いじめた子を逮捕して終わりではないのである。
 また、暴力を伴わないいじめもある。クラス内でその子を無視したり仲間はずれにしたり、悪口を言ったりすることもいじめである。しかし、これでは刑事事件にはならないし、多くのいじめはこのようなことだと思うのである。
 だから、これで終わりにしたら、いじめはいじめられる子を替えて、永遠に続くことになってしまう。

 いじめはいじめる子(加害者)から見ていじめであり、いじめられる子(被害者)から見ればいじめられなのである。だから、いじめ問題を論じる時には加害者の存在を忘れて、被害者のことばかり論じるのは論外だと思うのである。
by yousui-nobidome | 2006-11-12 22:43 | 日本を考える

 秋も大分深まってきました。
 木々の紅葉はまだですが、徐々に色づいてきたようです。
 空を見上げると、高い空に浮雲がポカリポカリと浮かんでいます。
 今日、木枯らし1号が吹いたようです。どうりで、朝の寒かったこと。

 何時の間にか、私のブログも3年目に入ったようです。
a0006530_16594992.jpg

a0006530_1701575.jpg

a0006530_1704768.jpg

a0006530_171558.jpg

a0006530_1712260.jpg

by yousui-nobidome | 2006-11-12 17:05 | 日常生活

めまい⇒高血圧

a0006530_18215631.jpg 会社で仕事をしていたら、やたらとめまいがする。地震かな~と思って周りを見回しても、みんな平然としている。で、
 「これはめまいだ。」と気付いた。
 「地震だ~!!」と騒がなくて良かったが、
 「身体は大丈夫なのだろうか?」と思ったので、一応上司に、
 「何故かめまいがするのですが・・・。」と打ち明けた。で、血圧を測ってみることになった。測定値は190/110である。普段よりもかなり高い。
 「すぐに帰って寝ろ!!」となり、早退することになったが、時刻は既に定時を回っていた。早退でもなんでもないのだが、夜の10時、11時まで仕事をするのは当たり前、徹夜もしょっちゅうある職場である。定時に帰るのが早退のように感じる(チョッと罪悪感を感じる)。
 帰りの電車は何とか座ることが出来た。バスはちょうど出たところで、次のバスまでには大分時間がある。それで、歩いて帰ることにしたが、歩きながらもめまいがあったようで、気が付くと車道を歩いている始末。
 「病気で死ぬ前に、交通事故で死んでしまう。」と、気を入れなおしてフラフラと歩き出した。

 翌日は会社を休んで医者に行った。血圧は前日ほどではなかったが160/90と高めである。といっても、いつもどのくらいあるか把握していないので、いつもより高いのか低いのかは分からない。医者も普段の健康診断の結果が分からないので何ともしょうがないようである。一応、血圧を下げる薬を出してもらい、電気屋へ寄って血圧計を買った。
 医者に貰った『血圧管理手帳』に毎日の測定結果を記入し、血圧が下がらなければ、再度受診しなければならないことになってしまった。
 今まで健康に過ごしてきただけにショックであった。まあ、そういう歳になってしまったということで、健康には留意しなければならないと痛感した。しかし、これから先、酒と煙草をひかえねばならないとは・・・・・。トホホホホ・・・・・である。
by yousui-nobidome | 2006-11-11 18:42 | 日常生活

認知症

(よく判らないと思いますが、イルカの背に乗ってます)
a0006530_14454887.jpg 昨年の1月18日にチャレンジド というエントリをアップしました。先月の24日にkonwakushaさんと仰る方からコメントをいただきました(コメントの内容は上の『チャレンジド』をクリックして読んでください)。
 konwakushaさんはチャレンジドという言い方にではなく、『認知症』という言い方に困惑を覚えるそうです。認知と『症』が付くことにより、
 「あなたは病気だ!!」と断定されてしまい、
 「最近、少しボケてきた。」という、やんわりした優しさが失われてしまうそうです。
 言葉というか、呼び方は難しいなと考え込んでしまいました。確かに(従来の)日本語には優しさがありました。それがものごとを曖昧にしているという指摘もあります。正確さに欠けるということで、徐々に正確な言い方をするようになってきたようです。でもそれが、(認知症とは無縁の人には)意外な結果となっているようです。

 障がい者のことを『チャレンジド』という発想は、今の日本人には出来ない発想だと思います。何故なら、今の日本人はマニュアル人間で、何事もマニュアルどおりにやらないといけないと思い込んでいるからです。直訳というか、ものごとを正確に言い表さなければならないと思い込んでいるからです。でも、それはところを選んで、いろいろな言い方をするということが出来なくなっているからではないでしょうか。考え方が、ものごとの捉え方が画一的、一方の立場からだけになっているからでしょう。
 医者に
 「痴呆です。」と言われても、
 「おじいちゃんは最近ボケが強くなったね~。」という言い方が出来なくなっていることは、日本人の心から、相手を思い遣るということがなくなっていっているからだと思います。

 だから、今の小学校教育には英語なんぞを取り入れずに、『豊かな人間教育』を取り入れる必要があると思うのです。
by yousui-nobidome | 2006-11-10 15:26 | 日本を考える

EPSON AQUA STADIUM

 3連休の真ん中の日に、品川に出来たエプソンアクアスタジアムに行ってきました。品川プリンスホテルのボウリング場を改装して水族館にしたところです。 駅前にある水族館としてマスコミにも大きく取り上げられました。
a0006530_10101752.jpg

a0006530_10104719.jpg

a0006530_1011540.jpg

a0006530_10112424.jpg
 水族館にしては、イルカプールを除いてチンケな感じがしました。
 まあ、西武系のものは中途半端な大きさのところに、いろいろなものを詰め込んだ施設が多いのですが、ここもその例にもれない施設でした。
 ただ、イルカプールは立派でした。7頭くらいのイルカがスピード感あふれる演技をしていて、すっかり感動してしまいました。おちこぼれイルカのラッキー君も、精一杯の演技をしていました。オリンピックの金メダル級の演技も良いですが、多くの人の演技がそうであるように、平凡な演技も良いものです。平凡な人に勇気を与えてくれるような気がしました。
 それにしても、3連休のためか凄い人でした。
by yousui-nobidome | 2006-11-05 10:24 | 日常生活