<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

捕食者

a0006530_1958558.jpg

a0006530_19582718.jpg 草むらで昆虫を探していた時、異様な感じに襲われました。
 「何だろう。」と、よく目を凝らしてみると、カマキリがいました。
 ローズアップしてみると、何とも恐ろしい姿です。10cmにも満たない大きさですが、捕食者としての貫禄を十分備えています。
 こんなのが人間くらいの大きさになって襲ってきたら、人間にとっても恐怖です。この大きさでも、小さ
a0006530_19584358.jpgな昆虫にとっては十分な脅威です。小さな昆虫の世界の脅威はクモの巣だけではなく、こんな肉食獣もいるのですね。一見呑気そうに見える昆虫の世界も弱肉強食の世界だということが分かりました。
a0006530_1959150.jpg

a0006530_19592058.jpg

by yousui-nobidome | 2006-08-28 00:10 | 昆虫

カラスアゲハ

a0006530_18185413.jpg

a0006530_18191472.jpg 今日(8月27日)、TAMA ZOOの昆虫館温室へ行ってきました。そこで見つけたカラスアゲハには、思わず目を見張りました。
 私が以前見ていたカラスアゲハは、その名の通りカラスの濡れ羽色のように緑色がかった色をしていたのですが、ここのはなんとコバルトブルーでした。カラスアゲハは地域差が激しく、6亜種に分類されるそうですが、このコバルトブルーのカラスアゲハは、何亜種なのでしょうか?
a0006530_18193170.jpg カラスアゲハという名前よりも、カワセミアゲハという名前が似つかわしいなと思いました。
a0006530_1819477.jpg

a0006530_1820540.jpg

a0006530_1820484.jpg

a0006530_1821975.jpg

by yousui-nobidome | 2006-08-27 18:32 | 昆虫

リュウキュウアサギマダラ

a0006530_5162221.jpg

a0006530_5165382.jpg オオゴマダラ同様、リュウキュウアサギマダラも木にぶら下がっていました。
 そういえば30数年前、私が初めて伊豆天城山中でアサギマダラを見た時も、たくさんのアサギマダラが木にぶら下がっていました。
 習性なのでしょうね。

 夏休みは昨日で終わりました。
 今日から、また仕事に復帰します。
 1ヶ月間頑張れば3連休が来ます。10月の頭にも3連休があります。残暑に負けずに頑張ります。
a0006530_5171245.jpg
a0006530_5173037.jpg
by yousui-nobidome | 2006-08-21 05:21 | 昆虫

クモの餌食

a0006530_9154964.jpg

a0006530_9161944.jpg クモの巣は良く見るのですが、大抵、小さなハエや羽虫のようなのがくっついているところが多いのです。ところが今日は違いました。(このクモにしては)大きなバッタがかかっていました。クモもバッタも必死で戦っておりましたが、クモに軍配が上がりました。

 小さな昆虫の世界ですが、野生の凄みを垣間見たような気分になりました。
a0006530_916379.jpg
a0006530_9165885.jpg
by yousui-nobidome | 2006-08-19 09:21 | 昆虫

ウラギンヒョウモン ⇒ ツマグロヒョウモン

 我が家の玄関横のプランターにチョウが来ていました。早速、カメラを持ち出してパチリ。
 本州では山地にいるそうですが、我が家の辺りまで降りてきたのでしょうか?
a0006530_855328.jpg

a0006530_8555064.jpg

a0006530_856886.jpg

a0006530_8563243.jpg

a0006530_8565322.jpg

 翅の表側を見てドキリとしました。ツマグロヒョウモンそっくりです。でも、三重県以西の南方に棲むツマグロヒョウモンが北多摩にいるはずありません。
a0006530_8571376.jpg

by yousui-nobidome | 2006-08-18 09:04 | 昆虫

オオゴマダラ

 先日(8月14日)、1ヶ月半ぶりにTAMA ZOOの昆虫館温室へ行ってきました。
 夏本番なのでか、チョウたちが元気に飛び回っており、撮影にはチョット辛抱が必要でした。それにしても、チョウの数が少ないなと思っていたところ、音質の端の日陰になったところにオオゴマダラが集まっていました。
 真夏の主役のチョウにとっても、暑すぎるのは苦手なのでしょうか?
a0006530_9534883.jpg

a0006530_954754.jpg

a0006530_9543513.jpg

a0006530_9545454.jpg

a0006530_9551059.jpg

by yousui-nobidome | 2006-08-17 09:59 | 昆虫

ヒヨドリの子育て

a0006530_9161462.jpg 今年の梅雨の間のことです。
 梅雨前に、我が家の庭に頻繁にヒヨドリが来るようになりました。
 庭に実っていたグミの実を食べに来ているようでした。数日後にはグミの実はすっかり食べ尽くされてしまいました。

a0006530_9171856.jpg 組の実を食べつくしてしまっても、ヒヨドリは毎日我が家の庭にやってきました。
 私がウッドデッキの椅子に腰掛けて、コーヒーを飲んでいても、恐れる様子も無く庭木の間を飛び回っています。
 そのうち、どこからとも無く雛鳥のか弱い鳴き声が聞こえるようになりました。
 それも、ヒヨドリが庭木にとまっている間だけです。ヒヨドリがいなくなると、声は全然聞こえません。そう、親に餌をねだる雛鳥の声だったのです。
a0006530_9225110.jpg

a0006530_923785.jpg

a0006530_9232489.jpg
(見にくい写真ですが)何となく雛鳥が口を大きく開けて、餌をねだっている様子が分かります。
 私が座っている場所から1.5メートルくらいしか離れていません。葉が茂っているので、まさか巣があるようには見えません。私が危害を加えないと分かっていて巣をかけたようです。知らぬ間に私は、ヒヨドリ一家のガードマンになっていたようです。

 梅雨が明ける前に、ヒヨドリは無事に巣立ったようです。
 来年また来てくれるように、巣はそのままにしてあります。
by yousui-nobidome | 2006-08-16 09:28 | 日常生活

カエル君

a0006530_1791033.jpg

a0006530_1794119.jpg 6月に入ってから、徐々に忙しくなりました。7月に入るともう大変でした。朝は5月までより1時間も早く家を出ることになり、帰りも午後10時、11時となってしまいました。飲む機会も多くなり、さすがに疲労困憊でした。7月は天気が悪かったせいもありますが、休みの日はひたすら休養に努めました。写真もたいして撮れませんでした。
 写真のカエル君は我が家の庭に棲み付いているヒキガエル(だと思います)です。7月に撮った数少ない写真です。
 梅雨の間はよく藪から出てきていましたが、梅雨が明けると会えなくなりました。来年の梅雨時までお別れなのでしょうか。
by yousui-nobidome | 2006-08-15 17:16 | 日記