<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

一年間ありがとうございました

(自宅周辺の景色です)
a0006530_15294191.jpg
 今年1年間、日本の行く末を見ていただいた方々、コメントを残していただいた方々、トラックバックしていただいた方々、どうもありがとうございました。
 
 来年が皆様にとって、良い1年でありますことを祈念して、1年間の御礼とさせていただきます。

 来年も、野火止陽水をよろしくお願いいたします。
by yousui-nobidome | 2005-12-31 15:35 | 日本を考える

やるじゃないかNHK

a0006530_12394818.jpg 昨日(12月30日)NHK総合テレビを見ていると、NHKスペシャルの再放送よみがえる源氏物語絵巻科学が解き明かす平安の美が始まった。何とはなしに見ていたが、平安の絵師の技術や感性の鋭さに驚いてしまった。それとともに、当時の作品は源氏物語絵巻しか残されていないのか疑問に思った。これほど素晴らしい作品がいきなり創られるはずがなく、源氏物語絵巻に至るまでの習作があったはずと思ったからである。また、源氏物語絵巻が創られた後も、何がしかの作品が創られたのではないのだろうか。平安時代から現代までの長い時間の中で失われてしまったのだろうか? そうであれば、非常に残念なことである。
 平安時代の絵師の技術が綿々と受け継がれてきたと考えると、江戸時代の浮世絵の素晴らしさもうなづける。明治維新後、様々な西洋文化が日本に入ってきて、日本古来の文化が失われてしまった。浮世絵もその代表だと思うが、重ねて残念なことである。
 日本古来の美術というと、薄識な私は浮世絵くらいしか思い浮かばないが、来年はあちこちに残る日本古来の美術品を見て回りたいなと思っている。
 
 ところで、よみがえる源氏物語絵巻はNHKならではの番組である。民放では決して取り上げられることはないテーマである。最近のNHKは視聴率を稼ごうと、民放に追随した番組が増えてきているが、こうしたNHKでなければ作れないような番組を作り続けて欲しいと思った。
by yousui-nobidome | 2005-12-31 13:05 | 日常生活

道南 駆足旅行(3)

a0006530_757733.jpg 札幌の大通り公園は光の洪水でした。北国の人は寒くても元気です。寒さを楽しむという遊び心があるようです。皆元気に歩いておりました(ヒョッとして、内地からの観光客だけかもしれませんが?)
a0006530_7573844.jpg

a0006530_7583469.jpg

a0006530_7591685.jpg

a0006530_812237.jpg

a0006530_82231.jpg 時計台もチャンと撮りました。大通り公園の光に押され気味で、寂しそうでした。
 このあと、小樽へ行きヒルトン小樽に泊まりました。良いホテルでした。小樽ではニシン御殿を見たり、買い物をしましたので写真は撮れませんでした。
 ので、今回はこれでおしまいです。夏か秋に再訪したいなと思っています。
by yousui-nobidome | 2005-12-29 08:13 | 日常生活

道南 駆足旅行(2)

 北海道はとても広いそうで、2日目は宿泊した大沼プリンスホテルから洞爺湖、札幌市を経て小樽まで行きます。大体300kmを観光バスで走ります。内地では1日300kmの移動は大変ですが、北海道では普通だそうです。
a0006530_1728189.jpg
 大沼公園です。昨夜の大雪で沼まで近付けませんでした。
a0006530_17285293.jpg
 昭和新山です。まだまだ山は冷えてないそうで、しみこんだ雨や雪が蒸気になって吹き出ていました。


 今回の旅行で考えたことは、道路のことです。北海道でも高速道路を作っています。(行ったのがたまたま冬だったことで、走っているクルマが少なかったからかもしれませんが)交通量が少ないのにワザワザ新しく道を作る必要があるのかと言うことです。市街地は混雑を避けるためにバイパスを作り、町と町の間は既存の道路を改修すればいいのではないかということです。建設業者の救済という面もあるのかもしれませんが、地方に余り役に立たないものを作るのは考え物です。ただでさえ、冬に大雪が降れば除雪作業に金がかかるのですから、二重の無駄遣いに思えてなりませんでした。
by yousui-nobidome | 2005-12-28 17:41 | 日常生活

道南 駆足旅行(1)

a0006530_1753215.jpg

a0006530_1755497.jpg 12月25日から27日まで、2泊3日の日程で、北海道の函館、札幌、小樽旅行へ行ってきました。超強力寒気団が冷気を北海道へ送り込んでいるところで、帰って来る頃には冷凍人間になっているかもしれない状況でした。
 本来なら23日から行きたかったのですが、ツアーが満員で止む無く25日の出発となってしまいました。しかし、25日はクリスマスと言うことで、函館ではカナダの姉妹都市から送られた巨大なクリスマスツリーの最後の点灯を見ることが出来ました。
 防寒のため服を多く持っていかねばならず、デジ一眼を持っていくことを諦め、ポケットサイズのPENTAX OptioSをポケットに忍ばせて出かけました。そのため、家族の記念撮影主体の撮影になってしまいました。まあ、たまには家族サービスをしておかなければと、言い訳をしつつ・・・・・。
a0006530_1761446.jpg
by yousui-nobidome | 2005-12-28 17:07 | 日常生活

人口初の自然減

a0006530_5253724.jpg
 明治32年に統計を始めてから初めて日本の人口が自然減となったそうである。首都圏に住んでいる私としては、日本の人口は多すぎると思っているので、自然減になったということは朗報ではある。しかし、減った人口は日本人だけだと1万人である。外国人の増減を入れると4千人である。1億2800万人に対して、たかだか1万人である。人口減を実感できる頃には、私はもう死んでいるだろう。
 政治家など人口減を危惧している人たちは、労働力が不足し産業が空洞化するとか、年金の財源が不足すると言っている。では、それに対してどういう対策を採っているかというと何もしていないも同然である。
 「人口が減る、財源が減る。」と、ただオロオロしているだけのようである。エンゼルプランなどは名前だけのもので、その実態を知っている人は政府や自治体の担当者だけではないだろうか。一般の人は名前も知らないだろう。
 年金の財源がなくなるということもヒドイ話である。新たに生まれてくる人に、最初から金銭的負担を強いるもの、単に金づるとしか見ていない。お金の数字合わせしかやっていない。数字合わせを行うなら、年金支給額を減らすとか高齢者福祉を切り捨て、浮いた分を子育て支援に回せばいいではないか。
 第一年金とは何なのだろう。現役のときに払い込んだ掛け金を、現役を退いた後に払い戻す制度になっている。ところが、高齢者は皆年金を必要としているのだろうかというと、そうではない。(廃止が決まった)高額納税者の発表を見てみると、不動産所得など多額の年収がある人が多い。1億円以上の収入がある人もいる。そんな人に、年額200~300万円の年金が必要だろうか。本当に必要としている人にだけ年金を支給すればいいのではないだろうか。
 消費税率を上げて福祉目的税にすることが必要と言っているが、金持ちでも老人は金を使わない。使う必要は現役世代に比べて遥かに少ないからである。私も社会人としてスタートした時に比べて、金は使わなくなっている。ただ、家のローンや教育費の負担があるので支出金額は増えているが、それを差し引けば僅かな金で生きていける。今までの蓄積があるから、これから蓄積をしていこうという人と比べれば、使う金は少ないのである。家のローンや教育費の負担がない高齢者にとっては、使う金は日々の食費くらいである。そうすると、消費税率を上げることは現役世代に負担増として重くのしかかってくるものである。
 政府や自治体には、ただオロオロしているだけではなく、しっかりと現実や未来、足許を見据えた政策の立案と実行を望みたい。
by yousui-nobidome | 2005-12-24 06:15 | 日本を考える

なにも殺さなくても

a0006530_10111148.jpg 「触ったでしょう?」と女子短大生から問われて、否定して逃げようとした男性を、警察官が背後から押し倒し、居合わせた他の警察官と乗客の計4人が押さえ込んだ。この男性は、そのうちぐったりし始め、意識を失い死んでしまったそうだ。
 男性には目立った外傷はなく、天王寺署は男性の司法解剖をすると共に、4人から事情を聞き、押さえ込んだことと死亡したことの関連を調べているそうだ。
 しかし、何とも間が抜けた天王寺署の対応である。押さえ込まれたから男性は死んだのであり、4人から事情を聞いたところで、押さえ込んだから死んだことに変わりは無い。
 男性が痴漢をしていたとしても、何も殺すことは無いだろうし、痴漢でなかったとしたら大変なことである。取り返しのつかないことであり、償いきれないことをしてしまったことになる。

 最近、痴漢の冤罪が多いようである。私の会社でも、痴漢と間違われて、
 「駅の事務室で話そう。」と言われても、痴漢ではないと断固拒否し、ノコノコ事務室へ行かないよう指導している。事務室に行ってしまうと、痴漢したことを認めたことになり、そのまま警察へ突き出されてしまうそうである。こういう、駅や警察の対応にも問題があるわけである。この男性も、痴漢にされかねないと思って逃げ出した公算は大きい。
 痴漢に関する記事を見ていると、一方的に被害者の女性に有利な判断をされており、
 「痴漢だ!!」と言われると逃げようが無い。実際、嘘の証言で有罪判決を受け、無罪判決を受けるために仲間の支援を受け、多大な時間を費やした例も聞いている。本来、痴漢だと言い出したほうに立証責任があるのだが、痴漢に限ってはそうではない。どんな人が「痴漢だ」と言っているかは考慮せず、一方的に言われたほうを痴漢としてしまっている。

 私も通勤時には気をつけている。両手で吊り輪や、吊り輪のぶら下がっている棒を掴み、女性の方に背中を向けるようにしている。身動きするのも極力避けじっとしているようにしている。それでも、女性に囲まれたり、つかまるものが無い場所に立つと冷汗ものである。
 女性を痴漢の被害から守るために女性専用車を始めたのだろうが、10両の内たった1両というのは少なすぎる。女性の割合にもよるが、せめて3~4両くらいあっても良いのではないだろうか。女性だけでなく男性も助かると思うのだが。
by yousui-nobidome | 2005-12-23 10:44 | 日本を考える

八代特産『晩白柚』

こんなに小さなみかんが!
a0006530_82726100.jpg
 こんな大きなみかんを貰いました。八代特産の晩白柚(ばんぺいゆ)というものだそうです。
 爽やかな香りがして、さっぱりとした高級感漂う酸味が魅力です。
 皮を剥いてそのまま食べましたが、晩白柚漬にしても美味しいそうです。皮は干してから風呂に入れるといいようですので、今、陰干しにしてあります。
 たくさんの種が取れましたので、春になったら撒いてみようと思っています。たくさん実がなればいいな~と、今からトラタヌです。
by yousui-nobidome | 2005-12-23 08:34 | 日常生活

自然淘汰

a0006530_16274744.jpg 新型インフルエンザが出現すると、国民の25%が感染し、17万人~64万人が死亡するといわれている。恐ろしい事態であるが、政府はこれを回避するためインフルエンザの特効薬タミフルを2,500万人分を備蓄することを計画しているそうだ。
 謎がある
 第一に、本当に新型インフルエンザは出現するのだろうか?
 第二に、新型インフルエンザにタミフルは効くのか?
 第三に、人が死ぬほど新型インフルエンザは強力なのか?

 何を根拠にこれだけのことを言っているのか、我々市井の人間には理解しかねることである。第一、まだ出現していないもののことが、何故分かるのであろうか?
 狼少年であって欲しいと願っている。

 しかし、対策は怠ってはいけないとも思っている。私は滅多に風邪を引かない、というより、ひいても重症にならないのである。熱もそれ程出ないし、咳がひどく出ることも無い。せいぜい鼻水がたれるくらいである。寝込むことは滅多にというか、大人になってから30数年のうち2~3日くらいしかない。でも、これは今までのことであって、今後もこの通りというわけには行かないだろう。日頃からの節制を心がけなければいけないと思っている。夜は早くに寝て、寝不足をしないようにしなければなるまい(夜遅くまでブログをやっていることはもってのほかである)。体力をつけるために、十分な食事を心がける。人込みは極力行かないようにし、外出から帰ったら必ずうがいをする。

 しかしである。人類は今までにペストや天然痘などで多くの死者を出してきた。それが自然界における人口抑制策だったのではないだろうか。今、人類は爆発的な人口増加状態である。自然破壊や地球温暖化(これの原因は炭酸ガスの増加といわれているが俄かには信じがたい)を引き起こしている。新型インフルエンザの出現は、この人類の人口を適正値にまで引き下げるのではないだろうか。そうだとすると、新型インフルエンザによる死者を減らそうとすることは、自然の摂理に反することではないのだろうか。
 世界の中でひとり日本だけが生き残るとなると、かえって苦労するのではないだろうか。
by yousui-nobidome | 2005-12-18 23:23 | 日本を考える

a0006530_178552.jpg

a0006530_1791682.jpg 昨日の夜東の空にやけに赤い(オレンジ色)の球体が浮かんでいるのを発見しました。咄嗟に胸ポケットからPENTAX Optioを取り出して撮影しました。
 地平線近くにあったので肉眼では大きく感じたのですが、撮影してみると左の通り、かなり小さな点にしか見えません。肉眼では十円玉くらいに見えたのですが。
 風が強かったせいで、楕円形に変形しています。
 軍神マースが出現したようです。ひょっとして、月ではなくて火星かもしれません。
by yousui-nobidome | 2005-12-18 22:19 | 日常生活