<   2005年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新江ノ島水族館へ行ってきました(4)

 イルカ第2弾です。
 正直言って、イルカは水中だけでなく空中も泳ぐことができるのでは? と思ってしまいました。
a0006530_165652.jpg

a0006530_16565251.jpg

a0006530_16571111.jpg

a0006530_16573653.jpg

a0006530_16575796.jpg

a0006530_16582389.jpg

a0006530_16584798.jpg

a0006530_1659227.jpg

a0006530_16595763.jpg

a0006530_1702052.jpg

a0006530_1705171.jpg
どうですか、涼しくなりましたか?
by yousui-nobidome | 2005-07-24 17:01 | 日常生活

新江ノ島水族館へ行ってきました(3)

 a0006530_16314897.jpg
水族館の花形は何と言ってもイルカの曲芸でしょう。
a0006530_16331840.jpg それではタップリとどうぞ。
a0006530_16344493.jpg
a0006530_16351637.jpg
a0006530_16361076.jpg 3頭揃って甲羅干しです。
a0006530_16364072.jpg なんと、調教師さんを空中に放り出してしまいました。
a0006530_16372677.jpg
by yousui-nobidome | 2005-07-24 16:40 | 日常生活

新江ノ島水族館へ行って来ました(2)

a0006530_505965.jpg


a0006530_4485283.jpg 水族館で面白いのは、やはりアシカやイルカのショーです。新江ノ島水族館でもやっていました。
a0006530_4533484.jpg あらよっと、逆立ちもできます。
a0006530_457390.jpg
a0006530_4543694.jpg ボールも器用に手玉に鼻玉にとることができます。
a0006530_459156.jpg 輪投げもお手の物です。
a0006530_5012.jpg イルカとも仲良しで、キスしていました。
by yousui-nobidome | 2005-07-18 05:03 | 日常生活

新江ノ島水族館へ行って来ました(1)

残念ながら、あと68日、連休はありません

 68日間の過酷な連休なしの日々をすごし、満を持して新江ノ島水族館へ行って来ました。春にリニューアルオープンしたとのことで、早めに行きたいなと思っていました。久々の家族小旅行になりました。
a0006530_81119100.jpg
 新宿からロマンスカーに乗り、竜宮穣のような片瀬江ノ島駅に着きました。街は海水浴ムードなのですが、まだ海水浴客は多くはありません。
a0006530_8141199.jpg まだ梅雨が明けていないからでしょう。今日も天気は薄曇で、霧がかかったようにボ~ッとしています。海の家も開店休業状態です。
a0006530_8203579.jpg
 砂浜も人が少なくて寂しい感じです。富士山も見えません。
a0006530_822338.jpg 江ノ島も白いベールを被ったようで、白砂青松の趣はありません。
a0006530_824506.jpg 沖を結構大きな船が進んでいきましたが、船影がかろうじて見える程度です。なんだか冬の海のようですが、気温・湿度が高く体中がベトベトして不快です。
by yousui-nobidome | 2005-07-17 08:27 | 日常生活

キアゲハ

 我が家のデッキには鉢植えの「イタリアンパセリ」がある。先日、デッキでモーニングコーヒーを飲んでいたところ、イタリアンパセリがやけに寂しいなと感じた。で、よく見てみると、なんと(終齢の)キアゲハの幼虫がもりもりと食べまくっていた。
a0006530_2584462.jpg
 ほかの鉢も見てみると、10匹ほどの幼虫が見つかった。そこいら辺には大きな糞もゴロゴロ転がっている。

a0006530_259086.jpg そういえば、チョッと前に我が家の庭をキアゲハが盛んに飛び回っていたことを思い出した。その時に卵を産みつけたのだろう。どうしようかと思ったが、ここまで育ったのだから殺してしまうのはもってのほか。そのまま成虫になるのを待つことにした。ところが、どこで繭になったのか探しても見つからない。天敵を恐れて、どこか安全なところで繭になったのだろう。
 ところで、アゲハ(ナミアゲハ)とキアゲハの成虫は良く似ているが、幼虫は全然似ていない。緑一色のアゲハに比べて、キアゲハはカラフルでオシャレである。イタリアンパセリに良く似合う(?)
by yousui-nobidome | 2005-07-17 03:14 | 日常生活

ウイルス対策がしたくてパソコンを買ったわけではない

 ウイルス対策がしたくてパソコンを買ったわけではない
 
 某ウイルス対策ソフトのコピーである。私も以前から別のウイルス対策ソフトを使ってきて、先日ユーザーサポートの延長を行ったばかりである。私はマーケティングの研究(トレンドの把握)を行っているので、その情報収集のためにかなりのメールマガジンを受け取っている。その受信メールのウイルスチェックをリアルタイムに行っているが、結構ウィルスが送られてきている。
 最近ではウイルスに加えて、スパイウエアも問題視されている。パソコン雑誌でスパイウェアの記事を読んだところ、スパイウエアはウイルス対策ソフトでも完全には防ぎきれないと書いてあった。インターネットやメールを読んでいると、よくゴソゴソとハードディスクの読取音がすることがある。ハードディスクにはアクセスしていないのに可笑しいなと感じたことが多々あったので、よもやと思い慌てて「スパイゼロ2006」というスパイウェア対策ソフトを買ってきてインストールした。スキャンしてみたところスパイウエアは発見されず一安心であった。

 迷惑メールやフィッシングも問題視されているが、私の場合は前述したようにマーケティングの研究を行っているので、どのような迷惑メールが来るかは興味があり、それ程迷惑とは思っていない。
 フィッシングにもかからないと思っている。ネット通販は余りやっていないし、ネット上での決済もやっていない。手口を見ると何とも幼稚な手口と感じている。オレオレ詐欺、いや振り込め詐欺と同様に引っかかるほどバカではないと思っている。第一、そんな財産や金は持っていない。
 
 キリスト教は中世の科学の発達を(確か)200年ほど遅れさせたと言われている。例の魔女裁判である。パソコンを使ったインターネットやeコマースは、まだ始まってから日がたっていない。それだけにいろいろな欠点(安全性が低い)がある。その脆弱性を突いてくる輩の存在は、まさに現代の魔女裁判のようなものかもしれない。幸い、新たな脅威が生まれるたびに迅速な対策がとられているので、IT化が停滞してしまうことにはならないと思う。しかし、利用する個人が正しい対応策を採らないと、個人的には大きなダメージを被ってしまうかもしれない。

 しかし、有名な泥棒、石川五右衛門の辞世の句、
石川や~ 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ~」の通り、次から次へとよく悪事を思いつくものだと感心してしまう。
by yousui-nobidome | 2005-07-09 18:31 | 日常生活

英語検定試験

 末娘が英語検定試験に落ちたようだ。
 仕事から帰ると、
「おとうさ~ん。英検落ちちゃったよ~。」と、ベソをかきながら言われた。一瞬言葉に詰まってしまった。まだ、受かるだけの実力にはなっていなかったようだが、塾の先生に「取り敢えず受けてみたら」と勧められて受験したのである。試験を受けて帰ってきたときに、
「どうだった?」と訊いてみたが、
「う~ん、ダメかもしれない。」と言っていた。しかし、本人は言葉とは裏腹に「ひょっとして」という思惑があったようだ。

 娘は頑張屋である。何にでも興味を持ち、大人顔負けの集中力を見せることがある。しかし、大きくなるにつれ、学校の勉強も増えてきたり興味を持つことも増えてきて、なかなか英語だけに集中することが難しくなってきた。バランスよくやっていくのも難しいようである。

 まあ、親としてはそこそこの実力しかないのに合格してしまうよりは、落ちたことの方が良かったという気持ちである。もう一度、更に勉強して低空飛行ではなく楽々クリアした方が、長い目で見れば好ましいと思う。試験に合格するための勉強ではなく、英語力をつけるための勉強で、それがどれだけ身についているかの測定なのだから。

「秋にまた試験があるから、今度は落ちないように、しっかり勉強しようね。」
「ウンッ、わかった。頑張るよ!!」と、最後にニッコリして言った。

 お父さんは力にはなれないかもしれないけど、しっかり応援しているよ。
 娘がいとおしく感じた。
by yousui-nobidome | 2005-07-07 05:22 | 日常生活

花田勝さんが相続放棄~マスコミの怖さ

 花田勝さんが相続放棄していたことが分かったそうだ。またまた面白くなるぞ~、と喜んでいる場合ではない。
 今回のこの兄弟喧嘩は、どうにもマスコミが画策していたように思えてならない。大相撲の頂点を極めて横綱になり、今は親方となって相撲部屋を率いてはいるが、何せまだ32歳である。今の世の中、32歳なんて青二才もいいところである。その青二才を周りの大人がいいように煽り立てて、兄弟の仲を悪くさせているように思えてならない。先日の故双子山親方の法要でも、あのウンコに群がるハエのごとき「梨本」をはじめ、山のようにマスコミが群がり尋常でない雰囲気であった。有名税だと言われればそれまでだが。彼は中学卒業後大相撲の世界へ足を踏み入れ、社会生活は大相撲界だけで、一般の社会生活を営んできたとはいえない世間知らずの若者だと思う。そんな、父親を亡くしたばかりの32歳の青年には辛い光景だろう。
 今まで何があったのかは知らないが、二人して横綱を目指して稽古に励んだ頃の気持ちに戻って、一日も早く確執を捨て仲の良い兄弟に戻って欲しい。この気持ちは私だけではないと思う。
by yousui-nobidome | 2005-07-05 06:21 | 日本を考える

都議選

 7月3日に都議選があった。私は誰が当選するかは二の次で、もっぱら投票率に関心が行っていた。23区、26市、5町、8村の内で投票率が50%を超えたのは、僅か15区市町村しかなかった。23区で50%を超えたのは北区のみ。26市では2市のみ。5町は4町が50%を超え、8村では全ての村が50%を超えた。全体では43.99%で、前回の都議選の50.08%から6%弱減少した。天気は曇り時々雨、暑くは無く、まずは絶好の選挙日和と思われただけに、今更ながら選挙離れの現状にがっかりしてしまった。前日、法事で訪れた江戸川区では、民間団体のご老体が
「選挙に行きませう。投票する人がいないなら白紙で投票しませう。」と呼びかけていたが、白紙投票さえもしなかったようである。
 私なりに分析すると、生活していく上で問題点が多い所ほど投票率が高いようである。島嶼部の投票率が全て過半数なのに対し、23区は北区以外は全て過半数割れである。中でも金持ちが多いと思われる港区は34.08%と最低である。北区にしたところで50.25%である。
 ここでひとつ提案したい。都議会議員定数は127で、これが42の選挙区に配分されている。これを次回選挙の際には、投票率に基づいて割り振ることとしたらどうかと思うのである。投票率の低い選挙区の定員を削り、投票率の高い選挙区の定員を増やすのである。あるいは、投票率が50%に満たないのであるから、都議会議員定数を63人に減らしてしまってもいいのではないか。財政難の折、経費節約にもなる。都民からさして期待されていないのだから、減らしたところでどうということ無いと思うのである。
 
by yousui-nobidome | 2005-07-05 05:20 | 日本を考える

九州の女性

 先日、女房の実家で法事があった。

 で、法事の後のお決まりで、一席設けての食事会となった。私の向かいの席は、女房の従弟夫婦が座り、いろいろ話に花が咲いた。旦那が女房の従弟で、奥さんが九州出身だそうであるが、なんとも豪快な人である。酒をがぶがぶ飲み、タバコはスパスパ吸っている。九州にいたときには焼酎をがぶがぶ飲んでいたという事である。旦那が九州へ飛ばされていたときに知り合って結婚したそうである。
 今までの武勇伝をいろいろ聞いて(差しさわりがあるので詳細は割愛しますが・・・・・)、日本も広いものだと感心してしまった。私の知っている九州出身の女性は、殆どこの人のような感じの人であることも分かった。パワーがすばらしい。くよくよと考え込んでしまうことはないのではないのかとも思われる。
東男に京女』が理想のカップルということが言われていたが、最近の東男には益荒男が少なくなっている。いや、皆無ではないだろうか(?)。マザコンのイジイジした現代の東男には、九州の女性がうってつけではないだろうか。
東男よ九州の女性を射止めよ!!」と言いたい。

 (でも、私は優しい関東の女性のほうがイイです。)
by yousui-nobidome | 2005-07-03 11:38 | 日常生活