<   2005年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新しいパソコンを買った

 今まで使っていたパソコンが壊れてしまった。
 以前から動作が不安定になっていたので、危機感は持っていた。それで、ハードディスク内のファイルを外付けハードディスクへバックアップしておいた。
 夜、帰宅してパソコンの電源を入れると、なにやら怪しげなメッセージが表示された。
 「接続している周辺機器が電源容量を超えている」らしい。と言ったって、USBに接続している機器は、無線LANアダプタのみである。
 「ンナ馬鹿な!!」と思っているうちにハードディスクが停止し、画面は真っ暗になってしまった。後は、電源スイッチをいくら押しても息を吹き返してはくれなくなってしまった。

 まだ、買ってから2年くらいしかたっていない。いつもの私なら頭に血がカーッと昇ってしまっていたはずであるが、今回は冷静に受け止めることができた(?)。
 ファイルをバックアップしていたからだろう。原因は電源装置が壊れたのだと思う(後で、冷静になって考えるに、単にフューズが切れただけかもしれない)。パーツ屋へ走っても、どんな電源装置を買えばいいのかが分からない。
 で、パソコンを買い換えることにした。いろいろ思い悩んだが、壊れたパソコンと同じメーカー(e-machines)の新型にすることにした(予算からいって、選択肢は多くない(笑))。
 翌日、パソコンを買いに車を走らせた。壊れたパソコンとほぼ同じ値段で、スペックがアップしたものが買えるようだ。40GBだったHDDが160GBになった。CD-RWがDouble Layer Super Multiになった。メインメモリーも128MBから512MBになった(もっとも、256MB増設して384MBにしていたのだが)。そして、うれしかったのはFDDの代わりにMedia Card Readerが内蔵されたことだ。デジカメ派にはうれしい限りである。JPEG画像1枚分の容量にも満たないフロッピーディスクは不要である。机の周りにゴロゴロしていたフロッピーディスクを処分することができる。
 頑張ってセットアップしたが、LANへの接続がなかなかできなかった。2年前には無かったファイアウォールなどというものができて、結構手こずってしまったが、何とか接続することができた。
 これから、いろいろなプログラムをインストールしなければならないが、ボチボチやっていこうと思っている。
by yousui-nobidome | 2005-05-31 03:23 | 日常生活

通勤電車

a0006530_5423142.jpg なが~い、ゴールデンウィーク明けの1週間が終わり、ゴールデンウィーク明け2週間目に入った。さすがに辛い感じは薄らいだが、それと共に通勤電車の中を見回す余裕も出てきた。そこで思ったことだが、通勤電車は如何に危険な乗り物であるかということだ。時速100km.近いスピードで走っているにもかかわらず、座席に座れる人は1車両で大体54人である。事故発生時に座席に座っている人が安全と言うわけではないが、つり革に掴まれる人も大体その程度である。混んでいるときには、約半数の人が何ら掴まるものが無い状態で乗車していることになる(と思う)。事故にならずとも、電車が急停車すると半数の人はドドーッと投げ出されてしまう。そうなるとつり革に掴まっていても、これらの人に押されこれらの人の体重を支えきれずに、同じようにドドーッと投げ出されてしまう。事故を起こした福知山線の電車内の恐ろしさを想像すると、恐怖心がふつふつと沸きあがってくる。
 クルマの場合、制限速度に関係なくシートベルトの着用を義務付けられている。一般道の制限速度は60km.、高速道路でも100km.である。高速道路を走るバスは座席定員以上は乗せてはいけないことになっているので、全員座席に座って走行している。制限速度は80km.(だったと思う)である。電車とクルマやバスの安全性の違いがあるとは思うが、どこかいびつな感じがする。と言って、現実的な解決策があるわけではないが、鉄道会社の人には
「これが当たり前の姿」と思わずに、
危険が前提の運行をしている」という認識を持っていただきたいと思う。
by yousui-nobidome | 2005-05-18 05:44 | 日常生活

長者番付

a0006530_6385147.jpg

a0006530_6392398.jpg 昨日(5月16日)、国税庁から高額納税者の公示があった。毎年、自分の年収以上の税金を納めている人の表を、ため息混じりに見ている。今までは土地成金や企業の創業者が主だった顔ぶれであったので、良い親や先祖を持った人が羨ましかった。しかし、今年の1位は投資顧問会社「タワー投資顧問」の清原達郎運用部長(46歳)であった。サラリーマンでも優れた能力を発揮すれば、自分の力で大金を手にすることがでることを証明したカタチだ。と同時に、自分の能力の無さにもため息をついてしまった。
 全国の上位100人ばかりに目が行ってしまうが、自分が生活している地域にも私の年収以上に税金を納めている人は大勢いる。
「自分もいつかは」と思うか、「自分には到底・・・・・」と思うかはその人の考え方次第だが、より良い生活のために、高額納税者に名を連ねなくとも頑張りたいと思った。プロレスラー小川直也さんのように、
今年もハッスルして納税するぞー!』と。 
by yousui-nobidome | 2005-05-17 06:41 | 日常生活

ヤギを飼いたい

a0006530_1641921.jpg


a0006530_16414271.jpg BE-PAL6月号の『ヤギ大研究』という記事を見ていたら、急にヤギを飼いたくなってしまった。私が子供の頃は農家の庭先や原っぱで、よくヤギが見られたものだが、最近は動物園にでも行かなければ見ることができなくなってしまった。
BE-PAL
 日本は草が良く生える気候である。春から夏にかけては草が良く繁茂し、たちまちの内にジャングル状態になってしまう。ヤギはほとんどの
a0006530_16422725.jpg草を食料にするそうだから、日本にはうってつけの動物だと思う。以前住んでいたマンションでは、夏場は月1回全世帯集合の草刈りがあったが、その時
「ヤギを飼えば草刈はしなくていいのでは」と提案して、他の人から顰蹙を買い一笑に付されてしまったことがある。草がなくても、農協で乳牛用の干草を買えば、20kg.で1500円程度だそうである。これで親ヤギ1ヵ月分の食料となるそうだから、ドッグフード代より安いようである。あとは、飲み水と塩の塊、それに蚤取り薬(犬用で代用できる)くらいである。飼っている人以外には何のメリットがなく、吼えたり噛み付いたりする犬を飼うより低コストでメリットがある。
 家族に「ヤギを飼いたい」と言ったら、今回もまた一笑に付されてしまった。定年退職したら、休耕地を借りて『ヤギ牧場』を作って、ヤギのチーズを作って売出すとか、ヤギの幼稚園や小中学校への貸出しをしようかとか、今、本気で考えている。
(ヤギ牧場を作ったら犬も飼って、牧羊犬ならぬ牧山羊犬に仕込むのもいいかな~)
by yousui-nobidome | 2005-05-14 17:40 | 日常生活

連休明けの一週間は、とてつもなく長い

残念ながら、あと68日、連休はありません
a0006530_8452674.jpg
 『連休明けの一週間は、とてつもなく長い。
 まさに実感しました。木曜日、金曜日はもうヘロヘロになってました。
 「歳なのだろうか」と本気で悩んでしまいました。私くらいの年齢になると、長期休暇というのは身体の毒になるのでしょうか。一週間無理しないで働いて、土日に休養をとり、また一週間無理しないで働くというサイクルが良いようです。あと63日間はこれでやっていこうと思っています。
(でも、ときどきは有給休暇を貰おうと企んでます。)
by yousui-nobidome | 2005-05-14 09:00 | 日常生活

上司の苦悩

a0006530_621598.jpg
  4月に、どっと新入社員が増えた。通勤時間に初々しい姿をよく見るようになった。今は5月、『五月病』などという言葉もあるが、五月病に負けずに元気に育って欲しいと思う。
 ところで、マスコミでは『理想の上司像』などというテーマで記事や番組が作られるが、私はこれに反発を覚える。新規に参入してきた若者を温かい目で見守り、育てていくのは上司の務めであることは分かるのであるが、それが余りに若者向き、若者に迎合したつくりになっているのが気に入らない。上司対部下というのは、一つの人間関係であり、決して一方ばかりが考えることではないからである。私は役職に就いてから、部下を持たない特命事項を行っていた一時期を除いて、部下を指導監督する立場にある。
 いろいろな性格の部下と接してきたが、上司といえども悩むことは多々ある。私の言うことを守る人・守らない人、私の言うことを理解できる人・できない人、仕事の段取りが良い人・悪い人、自分の未熟な考えを押通す人、仕事が出来ないのにプライドばかり高い人、云々。部下がやったことの責任は、すべて上司である私の責任として考え、行動してきた。しかし、『こんな奴の責任なんて取れない』と思うことも多々あった。部下が失敗や非行事故を起こしたときは、その時の上司が責任を追及される。でも、
「こんな奴を採用し、私の部署に回してきた奴は誰なんだ?」
「そいつらはどう責任を取るというのだ。」と思い悩むことも多い。
 若者に言いたい。上司といえども人間である。分からないこともあるし思い悩むこともある。どうやれば良いのか、判断に悩むこともある。自分本位にのみ考え・行動するのではなく、相手(上司)のことも考えて欲しい。部下は上司の補佐役なのである。上司が(自分とって)良い上司になるかならないかは、結局、自分の考え方・やり方次第なのである。
 朝起きると、会社に行きたくないと感じることもある。
「こんな部下たちと仕事なんか出来ない」、「あいつの顔を見るのもイヤだ」と、休んでしまおうかと思うこともある。でも、イヤイヤ出社してしまう。出社して、無能な部下であれ、彼らを指揮監督して仕事を行わせるのが私の責務であるからだ。
「あ~あ、あ。今日も出社するか」
by yousui-nobidome | 2005-05-11 06:26 | 日本を考える

間違い探し

a0006530_655933.jpg


a0006530_663032.jpg ある駐車場に掲げてあった宣伝看板です。見ると話に眺めていて
「アレッ、可笑しいぞ」ということになり、小学校4年の末娘と間違い探し。
御家族ずれにどうぞ ⇒ づれ
新所沢東口駅前道り ⇒ 通り
だと思うのですが。それから前者は「御家族の御会食にどうぞ」が正しいのではと思います。
 日本語表記の間違いはかなり気になります。以前、新秋津駅前のパン屋さんの看板に「手くりサンドウィッチ」とあるのを見て以来です。
by yousui-nobidome | 2005-05-09 19:21 | 日常生活

残念ながら、あと68日、連休はありません

a0006530_5511316.jpg
 『残念ながら、あと68日、連休はありません』
 『連休明けの一週間は、とてつもなく長い。』

 
 長い、なが~かった連休が終わった。昨晩はゴールデンウィークの終わりと母の日を祝うため、家族で焼き鳥屋へ行った。末娘は『母の日』というと私も末娘の母親(つまり私の妻)に感謝しなければいけないと思っているらしい。
「お父さんのお母さんは田舎にいるお祖母ちゃんなんだよ。」と説明しても、
「いいの、お父さんだって、いつもお母さんのお世話になっているのだから。」という。
 まあ、娘の言うことにも一理あるなと納得して、
「今日はお父さんのおごり!!」といって、嬉々として焼き鳥屋に向かう末娘に従った。
 昼間は母親へのプレゼントを買って、
「お母さん、気に入った。」
「ウンッ、とっても気に入ったわ。ありがとう。」と、大喜びしていた。
 焼き鳥屋の帰りには、
「カーネーションもプレゼントするの。」といって、花屋でどれにするか悩んでいた。
 可愛いな~と目尻を下げて(親ばか)、
「お父さんもお金出すから、これにしようよ。」といって鉢植えを選んだ。
 上の2人の子供は、それぞれ自分の予定があって、だんだんと親には寄り付かなくなってきたが、優しい末娘がいるので温かい母の日を送れた。

 さあ、今日から仕事だ。難問山積で職場放棄したい心境であるが、そんな叶わぬことを考えていてもしょうがない。一つ一つ片付けていかなければならない。あと68日馬車馬のように働こう!!
by yousui-nobidome | 2005-05-09 05:56 | 日常生活

もうこんな!!

a0006530_1731040.jpg


a0006530_1733663.jpg とある工場の塀です。今日(5月8日)の散歩中に見つけました。クズかツタのようですが、真夏ならイザ知らず、5月初旬の内にこんなに覆われてしまうと、夏が来る前に緑の塀になってしまいそうです。
 地球温暖化が叫ばれていますが、緑で覆われた方が断熱効果が高くなり涼しいそうですから、
「これでいいのだ!!]
by yousui-nobidome | 2005-05-08 17:09 | 日常生活

田無タワー

a0006530_9114521.jpg 昨年11月に『多摩六都科学館』のブログで紹介した『田無タワー』です。先日、イトーヨーカドー東久留米店へ買い物に行った時、7階駐車場の車を止めた場所の正面に突っ立っていたので撮りました。
 マンションなどの高層建築が増えてきている北多摩地区ですが、未だに他を圧倒する高さです。
by yousui-nobidome | 2005-05-08 09:17 | 日常生活