カテゴリ:スローライフ( 8 )

開花宣言

a0006530_17411866.jpg

a0006530_1742192.jpg 東京に昨日(3月22日)さくらの開花宣言が出ました。
 わが清瀬市はというと、まだ咲いていません。もう少しで咲きそうですが、来週以降になりそうです。
 でも、私にはさくらよりも気がかりなことがあります。そう、かたくりの花です。
 「まだかな~」と思ったのですが、念のため様子見に行ってきました。なんと、チラホラですが咲いていました。本格的に咲き出すのは、さくら同様来週になりそうです。今から来週末が待ち遠しくなりました。
a0006530_17424265.jpg

a0006530_1743378.jpg

a0006530_17432293.jpg

by yousui-nobidome | 2008-03-23 17:45 | スローライフ

トンポーロー

a0006530_643312.jpg
 先々週に引き続きトンポーローを作ってみました。西友で豚肉の安売りをやっていましたので、ババーンと2kgを作りました。前回は1㎏で作ったのですが、ダッチオーブンの大きさから2倍くらいは作れそうだと思っていました。ガス代や調味料のことを考えると、2倍の量のほうが経済的です。結果は、豚肉の脂を落とすときに1時間蒸したのですが、豚肉がダッチオーブンの鍋肌に近くなったためか、少し焦げてしまいました。火加減をもう少し弱くするようにした方が良かったのかと思います。煮汁は前回作ったときのものが残っていましたので、これも加えました。
 今回は忘れずに写真を撮りました。包丁が切れないので切り口が汚くなってしまいましたが、味は十分満足のいくものでした。
 写真に写っている紹興酒は飲用ではなく、調味用です。余ったので、少しだけ飲んでみましたが、トンポーローにあうようです。
 ホビーとしての料理は楽しいものです。毎日3食作れといわれたら参ってしまいます。
 次回は何を作ろうかと、いろいろと料理本を漁っております。
by yousui-nobidome | 2005-10-30 06:17 | スローライフ

燻製(3)

a0006530_5544493.jpg 昨日からの続きです。
 塩鮭も燻してみました。これは簡単に出来ます。塩鮭の表面にピックル液を塗り乾かします。
a0006530_5551573.jpg 乾いたら100℃の熱燻で30~40分くらい燻します。
a0006530_555456.jpg
a0006530_5562276.jpg 見た目は塩鮭を焼いたものにしか見えませんが、これでも燻製です。
 干物などの加工品を使うと簡単に燻製が出来ますが、味の調節が余り出来ません。この塩鮭はちょっと塩辛くなってしまいました。スパゲッティの具にすればちょうどよい塩具合になるかもしれません。
a0006530_5564415.jpg これは韓国風のウィンナーソーセージです(韓国風なのにウィンナーと言うのも可笑しいですが)。チョリソーではありません。
a0006530_557787.jpg これは先週作った鶏ササミの燻製です。週末に作って冷蔵庫にストックしておくと、1週間、酒の肴には困りません。
by yousui-nobidome | 2005-10-23 06:11 | スローライフ

燻製(2)

a0006530_5195148.jpg 続いて煙豚、けむとんといいます。私が燻製作りのマニュアルにしている本の著者である太田潤さんのネーミングのようです。要は煮豚の燻製です。
 豚バラ肉のブロックが入手できませんでしたので、今回はヒレ肉とロースで作ります。
 タコ糸で縛って形を整えてウーロン茶で20分くらい煮ます。
a0006530_520156.jpg その後、漬け込み液に1時間ほど漬け込み、乾かしてからスモーカーで燻します。熱燻で30分ほどです。
 マニュアルどおりの漬け込み液のレシピだと塩辛くなってしまいますので、私は塩分を25%カットしたピックル液を使ってみました。漬け込み時間によっても、塩辛さが変わるようです。この辺は経験がものを言うようで、試行錯誤の連続です。
a0006530_5204378.jpg 燻し終わったら、室内にぶら下げておきます。一晩置いた方が美味しくなるようですが・・・・・。
a0006530_521332.jpg 熟成するのが待ちきれずに、試食をしてみました。
 肉のピンク色が食欲を誘います。
a0006530_5212397.jpg 皿の上にあるのは、同じく今日燻したウインナーソーセージです。奥にあるのも、今日燻した塩鮭とチーズです。
 冷えたビールにバッチリあいました。
by yousui-nobidome | 2005-10-22 23:19 | スローライフ

燻製(1)

a0006530_16251566.jpg 参りました。またまた雨の週末です。10月の週末は全て雨模様です。何処へも出掛ける気になりません。
 ということで、今日も朝から燻製作りに精を出しました。
 今日はスモークチーズ、ウィンナソーセージ、煙豚(ケムトン)、そして塩鮭に挑戦しました。
 最初は、下ごしらえのいらないスモークチーズです。
 
a0006530_162601.jpg プロセスチーズを縦2つに切り、6面に黒胡椒の粗挽きをまんべんなく付けます。マニュアルの指定は4時間の冷燻ですが、1~1.5時間の温燻でやりました。
a0006530_16262181.jpg 今回はウィスキーの肴を意識しましたので、ウィスキー樽の廃材で作ったスモークウッドを使いました。
 燻している間に、煙豚の下ごしらえをやります。
a0006530_1627217.jpg スモーカー内の置く場所によって煙のかかりにむらが出来ますので、ときどき置き場所を変えたのですが、やはりむらが出来てしまいました。まあ、食べ比べなければ味の違いは分かりません。
by yousui-nobidome | 2005-10-22 16:45 | スローライフ

トンポーロー

a0006530_10233321.jpg またまた雨の週末。先週の3連休も雨模様で、もう半月ほど、写真を撮りに出られない。で、止む無く今週も燻製造りをしようと、金曜日に鶏のささみを買ってきた。
 しかし、燻製ばかりでは芸がないしと思っていたところ、物置にしまいこんであるダッチオーブンを思い出した。何もキャンプのときしか使わない手はないと思い、近所のスーパーで豚肉の安売りをしていたことを思い出し、トンポーロー造りを決意した。ちょうど女房が外出しているので、夕食のおかず作りを手伝うことにもなる。燻製は私の酒の肴であるが、トンポーローなら夕食のおかずの主役になれる。
 1㎏弱の豚バラ肉を仕入れ、ダッチオーブンで1時間ほど蒸して、脂を落とした。そのあとタレを作って1時間半ほどとろとろと煮込む。この辺りは燻製作りと似ていて、豚肉がやわらかくなるのを待つだけである。やることがないので、その間、昨夜漬け込んでおいた鶏のささみを陰干しして、燻製の準備をした。
 トンポーローも出来上がり、燻製も燻し終えた。鶏ささみの燻製の出来は上々である。トンポーローのトロ~リとした舌触りが絶妙であると、思わず自画自賛してしまった。辛口の妻も「美味しい」を連発した。二兎追うものは一兎も得ずというけれど、今回はどちらも上々の出来で、二兎を得てしまった。
 例によって、写真を撮るのを忘れてしまった。カメラマン失格である(反省!!)
by yousui-nobidome | 2005-10-16 10:51 | スローライフ

雨の三連休?(2)

a0006530_20453462.jpg

 昼からチョコッと雨が止み、弱々しい日差しになったので、スーパーへ走りました。短時間でできる煮豚の燻製を作ろうと思ったのです。私が教科書にしている燻製の本では『煙豚(けむとん)』となっているものです。
 豚肉の塊をタコ糸で縛って形を整え、烏龍茶で20分程ゆで、冷ましてから秘伝(?)のタレに1時間ほど漬け込み、1時間乾燥させて、30分熱燻にすれば出来上がりと、短時間でできます。
 完成品は「うっ、美味い!!」。今まで私が作った燻製のうちでも最上の味でした。
 燻製には煙をかけるときの温度により、熱燻、温燻、冷燻と3種類あるようですが、100℃前後で煙をかける熱燻が初心者には向いているようです。
 今晩のビールは殊のほか美味でした。ビールが好きな人には、是非、燻製作りをお勧めします。
 ちなみに、今日使った豚肉は600gくらいで700円弱でした。飲み屋でビールを飲むのも良いですが、我が家で手作り燻製を肴に飲むビールは格別です。
 うれしさの余り、写真を撮り忘れてしまいました。
by yousui-nobidome | 2005-10-09 21:02 | スローライフ

雨の三連休?

a0006530_8205050.jpg
 待ちに待っていた3連休です。日本列島は全国的に晴天のようですが、唯一関東地方だけは雨模様です。秋雨前線が南下しきれず、関東地方にだけかかっているようです。
 昭和記念公園へ行く予定でしたが、雨降りではしょうがないので、一昨年のコスモスの写真を見て、我慢しています。
 その代わりに、デッキで燻製作りに励んでおります。
 昨日は、ゆで卵、かまぼこ、ちくわ、シューマイ、チーズ、ウィンナーソーセージを燻製にしました。今朝は早起きして、昨夜漬け込んでおいた塩さばを塩抜きし、乾燥させてから、先程やっと煙りをかけ出しました。60℃くらいの温度での温燻ですが、温度が上がりやすく、チョッと気を抜くと、すぐに100℃近くになってしまいます。燻製作りはひたすら時間の経過を待つだけだと思っていたのですが、なかなか温度管理が難しいようです^^;。
by yousui-nobidome | 2005-10-09 08:21 | スローライフ