カテゴリ:カメラ( 26 )

Finepix X100

a0006530_1435678.jpg 夏休みは家でポケ~っつとしています。暇なのでパソコンに向かいブログサーフィンしていました。と、前々から気になっていた富士フィルムのコンパクトデジタルカメラ(『コンデジ』と言うそうですが、この呼び方は嫌いです)FINEPIX X100の使用(試用?)レポートが目につきました。EOS-7Dの2台目を手に入れたとき、
「もう、定年退職するまではEOS-7D2台で頑張るぞ」と思ったのでしたが、HPやカタログを見ていると無性に欲しくなりました。クラシックな外観もさることながら、23㎜F2の単焦点が気に入りました。テクノロジーの進化で、コンパクトカメラも何十倍ものズームレンズ搭載が当たり前となっているなかで、単焦点で出てくるところはサムライを髣髴とさせるではありませんか。EOSでも23㎜をカバーするレンズは持っていますが、それはそれで、このカメラなら違った絵が撮れるのではないかと思いました。
 ということで、連日の猛暑の中、悶々としております。秋風が吹きだす頃、FINEPIX X100を持った私が居るかもしれません。
by yousui-nobidome | 2011-08-18 14:21 | カメラ

キャノン60D

a0006530_16545265.jpg キャノンのホームページを見たら、EOS60Dが発売されるというニュースが目に飛び込んできた。以前の私なら、
 「欲しい!!」となっていただろうが、今やEOSー7D2台のオーナーである。脇目と言うか浮気はしないのだ。定年退職まではEOSー7D2台で頑張るのだ。まあ、EOS-1DsやEOS-5Dなら別だが。ただ、気になる点がある。バリアングル液晶モニターを搭載しているところだ。昆虫写真を撮っていると、ファインダーを通常に覗いていると苦しい場面もあ
a0006530_16564821.jpgる。だからバリアングルというのは便利だと思う。しかし、野外でライブビューを使うことは殆どないから、使い心地はどうなんだろう。明るい太陽光の下で液晶を見るのは至難の業である、というかどんな業を使えば見られるのだろうか。以前、ファインダーのないコンパクトデジカメで撮影しようとしたが、液晶画面では見れずに諦めたことがあった。だから、バリアングルにしても使える場面は限定されてしまうのではないだろうか。あれば便利という程度のものではないだろうか。
by yousui-nobidome | 2010-08-28 20:05 | カメラ

遅ればせながら7(Windows7&Canon7D)

a0006530_11271466.jpg

a0006530_11273772.jpg

a0006530_1128795.jpg 遅ればせながらEOS-7Dを手に入れました。昨年末にパソコン(Let's note S8)を買いました。こちらのOSは勿論"Windows7"です。これでパソコンもカメラも7になりました。
 思えば平成15年10月6日に初代のEOS-Kissデジタルを買って以来、僅か6年チョットの間に6台のEOSデジタルを買ってしまいました。この間のデジタルカメラの進化には目を見張るものがあります。もう初代のKissデジタルは使い物になりませんし、30Dもご隠居さんです。これからは7Dがメイン、50Dがサブそして40Dがお散歩カメラになります。ただ、30Dは2年間メインで使っており、最近まではお散歩カメラとして使っていたので名残惜しい気もします。

 で、早速、立川の昭和記念公園へ試運転に行ってきました。ちょうど節分草の花が咲いたというニュースを耳にしたからです。とても小さな花で、案内板が無ければ見過ごしてしまいそうです。
 写真の出来には不満です。まあ、初めて使う7Dです。取り扱いに戸惑いました。フィルムカメラに比べると格段に設定が複雑です。フィルムカメラの時はフィルムの選択と絞りくらいしか選択肢が無かったのですが・・・。これからしっかり練習して、思うような写真が撮れるように精進しなければと思いました。
by yousui-nobidome | 2010-01-30 18:24 | カメラ

キャノンユーザーの憂鬱Ⅲ

 このページの写真はEOS50Dで撮りました。
a0006530_16161259.jpg

a0006530_16163765.jpg <待ちに待った『デジタルフォト』誌10月号が発売になった。EOS7Dの詳細な紹介記事が載っているだろうと期待していたのだが、果たして載っていた。既にカタログを見ていたので概要は分かっていたが、改めてプロカメラマンによる試写と、他機種(EOS5D MarkⅡ、EOS50D)との比較を見たかったのである。
 比較写真を見た限りでは、他の2機種と劇的な変化があるようには見
a0006530_16165264.jpgえない。しかし、私のように昆虫、それも飛び回る蝶を狙うものにとってはスピードが命である。AIサーボAFⅡやAF測距19点、測距点自動選択などは、より正確なピントで被写体を捉えるためには心強く思う。出来上がった写真が基本的なポイントを抑えて出来上げっているかが高級機か否かを分かれさせるのではないだろうか。そのためには余り目立たない部分もしっかりと作りこんでいて欲しい。
 
a0006530_1617828.jpgところで、スペック表を見ていて気がついたのだが、シャッタータイムラグが記されていない。とても大事なスペックだと思うのだが、どうなっているのだろうか。
 で、今まで見てきた限りでは、EOS7Dは、迷わず『買い』であるのだが、素直に買うことには障害がある。今持っているEOS50D以前の機種との共存である。今まで、初代EOS Kiss DEGITALに始まり20D、30D、40D、50Dと買ってきて、全部現役
a0006530_16244848.jpgである。まあ、初代EOS Kiss DEGITALと20Dは隠居であるが、これらのバッテリー(BP511A)は共用してきた。EOS7Dは当然のことながらEOS5DMarkⅡと共用のLP-E6で、前者との互換性は無い。私は縦位置撮影も良く行うのでバッテリーグリップを常に使用してきた。バッテリーは2本必要であり、予備も必ず携帯しているので、EOS7Dと既存の機種の2台体制で撮影に出ると、カメラに装着したバッテリーのほかに、4本
a0006530_16283466.jpgのバッテリーも携行しなければならず、その重量負担が老境の身には辛いものとなるだろう。財布にも辛いものになる。バッテリーグリップを含め約50,000円の出費増になる。ウ~ン、悩ましい。
a0006530_16172888.jpg

by yousui-nobidome | 2009-09-20 16:14 | カメラ

キャノンユーザーの憂鬱Ⅱ

a0006530_17412852.jpg

a0006530_17415111.jpg今日の朝刊を見ていると、キャノンが新しいデジタル一眼レフカメラを発売するというのニュースに目に止まった。
『EOS7D』という名前で10月上旬に発売されるようである。細かいスペックは分からないので、想像するしかないが、フルサイズ機で、EOS5DMarkⅡの下位機種ではなかろうかとおもった。
 仕事の帰り道、ビックカメラに寄
a0006530_1742786.jpgってみると、EOS7Dのカタログが積んであったので、
 「シメシメ」と1冊もらって帰ってきた。電車の中で開いて見ると、フルサイズ機ではなくAPS-C機で、どうやらEOS50Dの上位機種らしい。
 家に帰ってよくよく見てみるとEOS50Dの上位機種で、『キャノンユーザーの憂鬱』で要望を書いたが、ほぼそれに近いスペックであった。視野率100%、倍率1.00倍のファインダー。AF即距点は19点全クロス測距になり、防塵防滴性能もEOS50Dより向上したようである。AIサーボAFも「Ⅱ」になりより精巧なピントが合わせられるようになったようである。そして何よりも驚いたのが、撮像素子の有効画素数が1800万画素になったことである。EOS50Dの1510万画素が限界だと思っていたのだが、2割増になってしまった。また、想像していたとおり動画機能も搭載されていた。私は余り興味はないが・・・。
 発売予価は188,000円となっていたので、決して手の届かない値段ではない。ウ~ン欲しい!!
by yousui-nobidome | 2009-09-01 20:39 | カメラ

キャノンユーザーの憂鬱

a0006530_17202944.jpg

a0006530_17205234.jpg デジタルフォト誌9月号を見ていて何となく憂鬱になってしまった。NikonD300Sの記事が載っていたからである。まえまえからNikonD300が発売されており、Canonにはこのクラスに相当するモデルが無かった。EOS40DやEOS50Dに不満があるわけではないが、何となくNikonD300より下位に位置するカメラという印象は否めなかった。そこへD300より進化したD300Sの登場である。またまた水をあけられたことになってしまった。
 では、キャノンに何を望むのかというと、APS-Cのフラッグシップモデルと呼べる機種の発売である。EOS40DやEOS50Dには不満は無いのであるが、強いて言えば視野率100%、倍率1.00倍のファインダーと、タイムラグのきわめて短いシャッター、ボディーの防塵防滴性能の向上である。またAFセンサーも9点ではなく、もっと増やして欲しい。
 もともとAPS-Cは撮像素子がフル
a0006530_17211676.jpgサイズ機に比べて小さいから、ファインダーを覗いても像が小さく見える。いちいちライブビューにして見てはいられないので、できるだけ大きく見えることにこしたことは無い。私は主に蝶や鳥の写真を撮っているので、動き回るものを
 「ここゾ!!」というときに的確なフレーミングでピントばっちりに写し止めたい。
 「カメラ頼りにしないで自分の腕を磨け」と言われそうだが、私の嘘偽りの無い気持ちだからしょうがない。
by yousui-nobidome | 2009-08-22 20:19 | カメラ

E-P1予約開始

a0006530_1211912.jpg

a0006530_1211488.jpg 家に帰ってくるとビックカメラから葉書が届いていた。「オリンパスがマイクロフォーサーズ規格の一眼レフを発売するので予約受付中」との案内でした。
 ネットで確認すると、往年のペンFTを彷彿させる外観です。若いときにあこがれたペンFTのデジタル版です。のどから手が出るほど欲しいと思いました。
 しかし、私はキャノン派です。既にEOSシステムでやっています。何系統ものシステムの維持は(金銭的にも)かなり苦しいと思います。
 
a0006530_12125056.jpg      でも、欲しい!!
      悩ましいところです。
by yousui-nobidome | 2009-06-19 21:07 | カメラ

防水カメラを買った

a0006530_952018.jpg

a0006530_9522225.jpg 先日、東村山市の北山公園で撮影中、雨に降られてしまい慌てて引き揚げました。そのとき思ったのは、
 「コレから梅雨に入る。カメラも防水機能が無ければいけないな」でした。そこで、BE-PAL6月号の『この夏の秘密道具教えます!』を参考に防水カメラを手に入れることにしました。BE-PALで紹介されていたのは4機種でした。パナソニック/LUMIX DMC-FT1、キャノン/PowerShot D10、富士フィルム/FinePix Z33WP、オリンパス/μTOUGH-6000です。私は一番廉いFinePix Z33WPを選びました。廉いといっても1000万画素で水深3mまで耐えられます。他の3機種にひけはとりません(キャノン/
a0006530_9524381.jpgPowerShot D10は10mまで耐えられますが、10mでは私の体が耐えられません)。ということで勇んでビックカメラへ向かいました。本体と予備のバッテリー、2GBのSDカード、シリコンジャケットで締めて29,160円、貯まっていたポイントを使って出費は¥0でした。今週末も雨が降るようで、週末が待ち遠しいです(笑)。
by yousui-nobidome | 2009-06-03 21:50 | カメラ

ファーブルフォトEX

a0006530_15345559.jpg 日本野鳥の会の機関誌『野鳥』を見ていて、携帯型双眼実体顕微鏡『ファーブルフォトEX』の広告に眼が止まった。『ファーブル』や『ファーブルミニ』は以前から知っていて、懐具合に余裕が出来たら欲しいなあと思っていた。今度の『フォトEX』は何とデジタル一眼レフで写真撮影が出来る。モーレツに欲しくなってしまった。
 でも、超えなければならないハードルもある。私はキャノンユーザーであり、ニコンのデジタル一眼レフは持っていない。ファーブルフォトEXを買うと同時に、ニコンのデジタル一眼レフも買
a0006530_15352449.jpgわなければならない。まあ、20万円チョッと出せば双方を手に入れることが出来る。しかし、二つのシステムを持つというのも大変である。アウトドアに持ち出して使うとなると、キャノンとニコンの両方持っていかなければならない。荷物が重く嵩張ることになってしまう。今でも、少々体力の限界を感じているので耐えられるか心配である。
 キャノンが同じような製品を発売してくれればいいのだが、私の知る限りキャノンは顕微鏡を作ったことはない。いきなり作られる可能性は無いだろう。キャノンにはMP-E65mmF2.8マクロフォトというレンズがある。等倍から5倍の撮影が出来る。定価は138,000円である。こちらにする手もある。
 まあ、何とも悩ましいことではある。
by yousui-nobidome | 2009-05-16 15:54 | カメラ

富士山

a0006530_20544885.jpg

a0006530_20551966.jpg

a0006530_20554990.jpg 多摩動物公園への行き帰りに悩んだ、
「どのレンズを買おうか」ですが、やっと決まりまして、善は急げとばかりに翌日池袋のビックカメラへ出掛けました。
 私が選んだのは『シグマAF APO150~500mmF5~6.3 DG OS HSM』という長ったらしい名前のレンズです。500mmレンズでは、おそらく一番廉いレンズだと思います。500mmでの開放絞りはF6.3と暗いのですが、最大径94.7×長さ252mm、重さは1,910グラムもあります。私はEOS50Dにバッテリーグリップを付けて、更に一脚を付けたので、4kgオーバーになったと思います。
 でも、500mmの迫力を実感できます。初めて撮ったので、露出とかコントラストが目茶目茶ですが、これから使いこなせるように頑張ろうと思いました。
a0006530_20561586.jpg

a0006530_20564073.jpg
 上の3枚は東久留米市のイトーヨーカドーの屋上で、下の2枚は西武池袋線の東久留米駅の富士見テラスで撮りました(H21.1.25)。
by yousui-nobidome | 2009-01-26 21:14 | カメラ