カテゴリ:未分類( 2 )

ドラッグをめぐる報道について

エヌエイチケイ
 『宇宙の排泄物』というブログの「エヌエイチケイ」kinya_0805さんへのお便りです。

1 報道姿勢について
 報道機関がニュース以外のドキュメンタリー番組をつくる場合、まずテーマがあって、どういう結果にするかという流れを作ってから、番組制作に入っていくと思います。kinyaさんが仰っている番組は、まさに『ドラッグ撲滅キャンペーン』でした(と思います)ので、ドラッグ肯定派の人には「偏っている」と感じる内容になってしまうのは自然な流れだと思います。

2 ドラッグはいけないものか
 次に、ドラッグは一方的にいけないものとしていいのかどうかです。
 私は『いけないもの』だと思います。昔から宗教上必要なものだったというのは 分かります。以前、幻覚を起こすキノコが流行った(?)ことがありました。食べた何人かが死にました。このキノコは(確か)メキシコのマヤ文明の宗教用とかでした。日本でも明治時代のアイヌの人達は「酒を飲んで泥酔することは神を喜ばせるため」という信仰があったそうです。たぶん、日本人も宗教上の理由で飲酒をしていたものと思えます。日本の「おおあさ」のことは知りません。宗教で用いるものであるならば、厳格なコントロールの元に使用されていたものと思われます。
 しかし、現在、宗教とか歴史があるといって、人間に有害なものを肯定していいのでしょうか。昔は科学が発達していなかったので、ドラッグを使用し続けていたのかもしれません。ドラッグは身体に有害という結果が出ています。それを野放し状態で放置いていていいわけないと思います。
 マリファナや覚醒剤の中毒で、幻覚や幻聴が起きて人を殺傷する事件が起きています。脱法ドラッグがどういう作用を及ぼすかは知りませんが、人の身体を蝕むことは間違いないと思います。
 従って、私は「ドラッグ=悪」だと思います。

3 おまけ
 今の日本には「合法」ドラックとして、酒(アルコール飲料)とタバコがあります。(二十歳を過ぎたらですが)この二つでいいと思います。新たなドラッグに身を染めることは無いと思います。酒だけで、何万人もの人が、肝機能障害やアル中(精神障害)で苦しんでいます。これ以上、新たなドラッグの被害者を出すことは無いと思います。
 
by yousui-nobidome | 2004-11-20 17:25

2004年 9月24日(金)

 2月28日に「マイブログ」ができました。春が来たら書いていこうと思っておりましたが、公私共に忙しくなってしまい、ゆっくりと日本の行く末を考えることができずにいました。春が過ぎて、暑い暑い夏が来ましたが、一向に日本の行く末を考えることができませんでした。そしてとうとう秋になってしまいました。やっと重い腰を上げる時期だと思い、今日、この文を書いています。ブログはおろか、インターネット上の掲示板への書き込みも余りやったことのない私ですが、これから勉強して他の人のブログに負けないものを作っていきたいと意気込んでおります。趣味の写真も貼り付けて見たいと思っております。
by yousui-nobidome | 2004-09-24 18:42