立川が嫌いだ

 立川市に勤務するようになって、もう何年か過ぎた。しかし、一向に立川市が好きになれないどころか、かえって嫌いになっている自分に気付いた。何が嫌いかと言うと、立川市の町並み、立川市に住んでいる人たち全てである。通勤経路のJR武蔵野線、中央線も嫌いである。
 まず、街並みであるが、立川市に着いて最初に降り立つJR立川駅である。多摩地区で乗降客が一番多いJR立川駅である。JR中央線が通り、JR南武線、JR青梅線の起点駅、そして近年多摩都市モノレールも乗り入れている。バス路線も四方八方に伸びており、正に交通の要衝である。にもかかわらず駅の設備は驚くほど貧弱である。ホームは狭く、改札口も2か所しかなく、とても狭い。南武線から青梅線、その逆の乗り換え客が多いが、中央線を真ん中に挟んでいるので乗客が交錯してしまう。駅のコンコースも狭く、駅の南北の連絡通路、3つある駅ビルへの出入り口も兼ねているので、駅ビル開店中は凄い人混みである。コンコースを抜けて駅の外に出ると、駅前ロータリーになっているが、ここも規模が小さく狭くて歩きにくい。
 立川駅の北口は道も狭くて複雑に入り組んでいる。駅前を立川通という幹線道路がS字に貫いているが、この道も幹線道路と言う割には狭い。繁華街とビジネス街は基本的に駅の周りだけで、ちょっと離れると住宅街である。住宅街を抜けて行くと競輪場があるが、ここも周りは住宅である。狭い路地裏までゴミ収集車が入りこみ、立川通からのクルマが抜け道として使っているので、歩行者はしばしば危険と遭遇する。街の真ん中には立飛企業という会社の所有地で、多くの工場やゴルフ練習場、中古車センターがあり、ゴミゴミした駅前とは様変わりした景色である。なんでも、旧軍の立川基地があったところを進駐軍が接収していたのが返還になって今の様になったそうである。
 南口も似たようなものだが、こちらは最近まで市役所や官公庁があったのでビジネス街の体をなしている。しかし、駅の周辺は歓楽街である。区画整理したので、空き地が残っているところもある。
 地元の人たちは、中核都市の指定を受けたことから、何とか活性化したいと思って頑張っているようだが、権利意識が強すぎ、自己本位が強く、団結して何かやろうとする気が無いようである。派閥が出来ているところもマイナスになっているのだろう。
 とまあ、街自体は猥雑としていて、美しい街並みとは言えない。
 人間も嫌らしい人ばかりに見える。朝、駅に着いてすれ違う人は、都心へ通う立川市民であり、夕方帰宅するときにすれ違う人たちも立川市民であろう。通路の横幅いっぱいに広がって歩き、すれ違うのに苦労する。こちらは、まあ体格が良い方なので、ぶつかると相手に怪我をさせてしまい、加害者になりかねないので必死によけるのだが、相手は知らん顔でよけようともしない。わざとぶつかっているのではと思われる女性も少なくない。腹ただしいことばかりである。また、大人がこうなので、児童・生徒ダラダラ歩いていてだらしが無い。街中では狭い道のせいでか、自転車が歩道を疾走していて危険極まりない。老人もヨタヨタと自転車で走っていて危ない。自分がどこを走っているのか忘れて、歩行者に文句を言うババアも少なくない。
 まあ、多摩地区はどこへ行ってもこんな風であろうが、幸い多摩地区の他の地域には勤務していないので詳しいことは分からない。
by yousui-nobidome | 2010-11-06 16:10 | 日日悶悶


<< 柳田法相発言 みっともない中高年の服装 >>