キャノン60D

a0006530_16545265.jpg キャノンのホームページを見たら、EOS60Dが発売されるというニュースが目に飛び込んできた。以前の私なら、
 「欲しい!!」となっていただろうが、今やEOSー7D2台のオーナーである。脇目と言うか浮気はしないのだ。定年退職まではEOSー7D2台で頑張るのだ。まあ、EOS-1DsやEOS-5Dなら別だが。ただ、気になる点がある。バリアングル液晶モニターを搭載しているところだ。昆虫写真を撮っていると、ファインダーを通常に覗いていると苦しい場面もあ
a0006530_16564821.jpgる。だからバリアングルというのは便利だと思う。しかし、野外でライブビューを使うことは殆どないから、使い心地はどうなんだろう。明るい太陽光の下で液晶を見るのは至難の業である、というかどんな業を使えば見られるのだろうか。以前、ファインダーのないコンパクトデジカメで撮影しようとしたが、液晶画面では見れずに諦めたことがあった。だから、バリアングルにしても使える場面は限定されてしまうのではないだろうか。あれば便利という程度のものではないだろうか。
by yousui-nobidome | 2010-08-28 20:05 | カメラ


<< みっともない 清瀬ひまわりフェステバル >>